超絶"厳選"ニュースまとめch

厳選に厳選を重ねたホットなニュースや役に立つ情報をどんどんアップ&まとめていきます。

カテゴリ: トレンド

「おい、笑える」の元ネタ
「おい、笑える」の元ネタは、TikTokに投稿されたあるおばあちゃんの動画です。

動画の中で、川沿いでお昼寝している鴨を見つめるおばあちゃんと撮影者の男性が以下のようなやりとりをします。

おばあちゃん「お昼寝してる」
撮影者「鴨美味そうっすね」
おばあちゃん「え?美味そう?」
おばあちゃん「おい 笑える」

oiwara


おばあちゃんの「おい 笑える」の言い方や間の取り方が面白いと話題になり、SNSで拡散されました。
動画の撮影場所は静岡県三島市で、既に「聖地」として話題になっているようです。

というわけで、「おい、笑える」が流行っている理由は、元ネタ動画が独特の面白さでどんどん広まっていったこと。そして、色々なシチュエーションで活用できる汎用性の高さにあるようです。皆さんも使ってみてはいかがでしょうか。おい、笑える。








★ロケ地は静岡県三島市の蓮沼川

蓮沼川(宮さんの川)地区|三島市 (city.mishima.shizuoka.jp)












2024年5月23日は「フラワームーン」!由来や見どころを解説

2024年5月23日の22時53分、今年の5月の満月「フラワームーン」が見頃を迎えます。この記事では、フラワームーンの由来や歴史的背景、見どころ、スピリチュアルな意味などを詳しく解説します。

フラワームーンとは?

フラワームーン(Flower Moon)とは、5月の満月の呼び名の1つです。別名「花月」とも呼ばれています。この名称は、北アメリカのネイティブアメリカンが古くから使っていた呼び名に由来します。
5月は北半球で多くの花が咲き乱れる季節であることから、「フラワームーン」と名付けられました。他にも「プランティングムーン(種まき月)」「ミルクムーン(牛乳月)」など、この時期の自然の変化に由来する別名もあります。

歴史的背景

満月の呼び名は、ネイティブアメリカンの人々が自然のサイクルや季節の移り変わりを知るために使っていたものです。彼らは狩猟や農耕の目安として、毎月の満月に名前を付けていました。
この習慣は、ヨーロッパの人々の間でも見られ、満月は古くから人々の暮らしや信仰に影響を与えてきました。現代でも、満月の魅力に引かれる人は多く、世界中で満月にまつわる祭りやイベントが開催されています。

flowermoon


2024年の見どころ

2024年のフラワームーンは5月23日(木)の22時53分に最も満ちます。月の出は18時42分頃、月の入りは翌24日の4時25分頃です。天候が良ければ、東から南東の方角に一晩中美しい満月を眺められるでしょう。
5月31日から6月1日にかけては月と土星が接近するので、夜明け前の東南東から南東の空で、月と惑星の共演も楽しめます。春の夜空を彩る星座も見逃せません。北斗七星を始点に、うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカへと続く「春の大曲線」や、この3つの星でできる「春の大三角」を観察してみましょう。

スピリチュアルな意味

フラワームーンは「絆」「変化」「カリスマ性」などを象徴するとされ、人間関係や金運に関する願いが叶うと言われています。この満月の光は、私たちの心や魂にも影響を与えると考えられています。
フラワームーンの夜は、あたたかい飲み物を飲んでリラックスしたり、花のエッセンスを使って癒やされたりするのもおすすめです。美しい満月を眺めながら、自分自身の成長や、大切な人との絆について思いを馳せてみるのも良いかもしれません。


フラワームーンは、春の訪れを告げる美しい満月です。今年は5月23日の夜から24日の明け方にかけて、一晩中その姿を楽しむことができます。月と星々の織りなす光景を眺めながら、古くから人々が満月に託してきた想いに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。











大規模な太陽フレアが連続発生
・5月8日から10日未明にかけて、最大規模の「Xクラス」の太陽フレアが5回連続で発生した
・3日間でXクラスのフレアが5回というのは非常に珍しい
・太陽活動が活発化しており、巨大な黒点群から大規模なフレアが続いている

地球への影響と注意点
・10日夜から数日間、GPSや無線通信などに障害が出る可能性がある
・人工衛星や航空機の通信にも影響の恐れ
・人体への影響は考えにくいが、通信障害には注意が必要

情報通信研究機構が随時情報を発信している
・日本でオーロラが見られる可能性
・10日夜以降、北海道などの低緯度地域でオーロラが見られるかもしれない
・日本で見られるのは「低緯度オーロラ」と呼ばれ、大規模な磁気嵐の際に発生
・低緯度オーロラは赤色に光るのが特徴
・ただし気象条件などが重なる必要があり、珍しい現象
・過去にも日本各地で低緯度オーロラの記録がある

太陽活動のピークは2025年頃と予想され、今後もこのような大規模な太陽フレアが増える可能性がある。オーロラ観測のチャンスでもあるが、通信障害などにも注意が必要だ。最新情報をチェックしながら、もし北の空が赤く染まったら、それは日本でも見られる貴重なオーロラかもしれない。





















渋谷や下北沢で「エビチリ」と書かれた落書きが増えている理由は、以下のようにまとめられます。

1. グラフィティアートの一種として、予期せぬ言葉やフレーズを使うことで視覚的なインパクトを高め、見る人の注意を引く効果があるため。エビチリという中華料理の名前を選ぶことで、意外性とユーモアを演出していると考えられる。

2. 全国各地でエビチリの落書きが発見されており、渋谷・下北沢に限らず広がりを見せている。特定の地域だけでなく、日本各地でこの種の落書きが流行しているようだ。


ebichiri

3. エビチリの落書きは、一見すると意味不明な内容だが、それが逆に人々の興味を惹きつける効果を生んでいる。理解しがたい言葉を使うことで、かえって注目を集めているのかもしれない。

4. ただし、落書き自体は、器物損壊などの観点から違法行為であり、迷惑行為でもある。アート表現の自由と公共の場所での落書き行為のバランスが問題となっている。

以上のように、エビチリの落書きは、グラフィティアートの手法を用いて人目を引くことを狙ったものと推測されるが、一方で社会的な問題も孕んでいる。奇抜な言葉を選ぶことで注目を集めるという点では一定の効果を上げているようだが、落書き行為自体への是非については議論の余地がありそうです。





















いなば食品の公式プレスリリースがバズっている理由はなぜ?

★プレスリリースの日本語表現が不適切
⇒いなば食品のプレスリリースのタイトルが「由比のボロ家報道について」となっており、大企業のプレスリリースとしては不適切な表現だと指摘されている。一般的な企業のプレスリリースで使う文言ではないため、その点で注目を集めてしまったようだ。

★内容の理解が困難
⇒プレスリリースの日本語表現自体が理解しづらいものだったようで、「いなば食品のプレスリリースの日本語がまったく理解できなかった」といった声が上がっている。内容が不明瞭で意味が通じないプレスリリースだったため、それがかえって話題になったと考えられる。

★企業の危機管理広報としての問題
⇒本来、企業の不祥事などに関するプレスリリースは、正確で誠実な情報開示と適切な表現が求められる。しかしいなば食品の今回のプレスリリースは、タイトルも本文も不適切な日本語表現で、危機管理広報としては大きな問題があったと言える。その稚拙さゆえに注目が集まり、バズってしまった面があるだろう。

以上のように、いなば食品の公式プレスリリースは、本来あるべき企業広報の姿とはかけ離れた不適切な内容だったがゆえに、皮肉にもバズってしまったのだと考えられます。企業は広報活動においても慎重さと適切さが求められることを、このケースは示唆しているのではないでしょうか。












































 

Repezen Foxx(レペゼンフォックス)のメンバーであったDJ銀太が、2024年3月31日付けでグループを脱退したことが発表された。

脱退の理由については、公式の発表では明らかにされていない。しかし、以下のような情報が報道されている。

DJ銀太はソロデビューを控えており、「仲間とお別れすることは寂しい」とコメントしている。これにより、ソロ活動に専念するための脱退である可能性が示唆されている。

一方で、グループ内の人間関係のもつれが原因とする報道もある。《レペゼン地球解散の内幕》と題した記事では、メンバー間のもめ事があったことが示唆されている。

DJ銀太の脱退については以前から噂されており、2022年3月の時点でDJふぉいがYouTubeで脱退説について言及していた。

DJ銀太のSNSアカウントは全削除されており、脱退発表に合わせてネット上での活動を控える意向とも受け取れる。

以上の情報を総合すると、DJ銀太の脱退にはソロ活動への専念という前向きな理由と、グループ内の人間関係の問題という複合的な要因があったものと推測される。ただし公式な説明はなく、詳細は不明のままである。



















プベルル酸は有機化合物の一種で、化学式はC5H4O3です。フラン環にカルボキシル基が付いた構造をしています。常温では白色の結晶性粉末で、水に可溶です。

毒性:
プベルル酸は強い毒性を持っています。
経口摂取すると、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状が現れます。
高濃度のプベルル酸に暴露されると、肝臓や腎臓の障害を引き起こす可能性があります。
発がん性の疑いもあり、国際がん研究機関(IARC)ではグループ2B(ヒトに対して発がん性がある可能性がある)に分類されています。
皮膚や眼に接触すると、炎症や化学火傷を引き起こすことがあります。

解毒法:
プベルル酸の中毒が疑われる場合は、以下の対処が必要です。
直ちに暴露源から離れ、新鮮な空気のある場所に移動する。
皮膚や眼に付着した場合は、大量の水で洗い流す。
汚染された衣服は脱ぎ、再使用前に洗濯する。
経口摂取した場合は、速やかに医療機関を受診し、適切な処置を受ける。
必要に応じて、解毒剤(例:アセチルシステイン)の投与や対症療法が行われる。

予防策:
プベルル酸を扱う際は、適切な保護具(ゴーグル、手袋、防護服など)を着用する。
換気の良い環境で作業し、粉塵やミストの吸入を避ける。
皮膚や眼への接触を避け、接触した場合は直ちに洗い流す。
作業後は手をよく洗い、汚染された衣服は適切に処理する。
プベルル酸は工業用途で使用されることがありますが、その強い毒性から取り扱いには細心の注意が必要です。暴露の疑いがある場合は、速やかに医療機関を受診することが重要です。

















★プベルもある意味毒性強いって言ってたな。。。
GJToVPLaEAA2Fsg







◇まだワクチンのことで騒いでる人のために、頭の悪い人に打つワクチンが必要だと思う。と言う言葉になんか納得した。


◇ネット民の反応は?




























◇つい先日こんな動画投稿が話題になっていた・・・







 

神戸大学のバドミントンサークル「BADBOYS」に所属する学生たちが、春合宿の宿泊先である旅館で、障子や天井を破壊するなどの迷惑行為を行った問題について、神戸大学は25日に謝罪会見を開催しました。この問題は、学生たちの行為がSNSで拡散されたことにより発覚しました。会見では、教育担当理事の大村直人副学長と、バドミントン同好会の顧問である宋明良教授が出席し、被害を受けた宿泊施設と多くの方々に深く謝罪しました。

合宿には1年生から修士2年生までの男女62人が参加しており、その中で障子を破る、胴上げして天井を破る、灰皿を倒して破損するなどの行為が行われました。大学側は被害旅館に謝罪し、被害金額の弁済については旅館側と相談中です。また、今後の対応として、参加した学生への聞き取りを早急に終了させ、大学としての調査結果をまとめた後、厳重な対処を行う予定です。同好会は最終的な処分が決定するまで活動の停止を大学から通告されています。

再発防止のため、神戸大学は全学生に対して、成人としての倫理観と節度を持った行動を取るよう文書による注意喚起を行い、公認・非公認の課外活動団体の代表者を集めて改めて注意喚起を行う予定です。





【天井破壊&障子破り動画】全員退学処分か逮捕か?神戸大学バドミントン同好会「BADBOYS」の合宿で天井破壊等の不適切行為動画拡散にネット民「器物損壊と窃盗で逮捕が妥当やろ?」 























【天井破壊&障子破り動画】全員退学処分か逮捕か?神戸大学バドミントン同好会「BADBOYS」の合宿で天井破壊等の不適切行為動画拡散にネット民「器物損壊と窃盗で逮捕が妥当やろ?」 





シーチキンのパウチ製品から生きたウジ虫が出たという動画がSNSで拡散され、大きな話題となっています。この動画は2024年3月20日に投稿され、はごろもフーズの製品であることがわかるものでした。動画には、フライパンで調理されたツナと野菜の中から小さな白い虫が取り出される様子が映っており、視聴者からはシーチキンを食べることへの不安の声が上がっています。





はごろもフーズは、この件についてSNSの投稿を確認しており、現在調査中であると回答しています。同社は、レトルトパウチ製品や缶詰は密封後に高温高圧で殺菌されるため、万が一密封前に虫が混入しても生存できる環境ではないと説明しています。そのため、動画の整合性に疑問があるとし、生きた虫の混入疑惑はあり得ないと否定しています。

一方で、動画の投稿者は、はごろもフーズからの謝罪がなく、問題の製品が回収されたことに怒りを表明しています。また、動画に映っているウジ虫が3匹であると指摘されています。この投稿は、21日までに3000万件以上表示されるなど、大きな注目を集めました。

しかし、動画については、虫が生野菜由来ではないかという指摘もあります。実際に、はごろもフーズのシーチキンは以前にも虫の混入が報道されたことがあり、その際は缶詰を製造した下請け工場に対して損害賠償が命じられた経緯があります。

SNS上では、この問題に対する様々な意見が交わされており、一部のユーザーは虫が野菜に付着していた可能性を指摘しています。また、はごろもフーズの製品であるシーチキンは65年以上のロングセラー商品であり、信頼性は高いとの声もあります。








「シーチキンから生きたウジ虫」SNS投稿にメーカーが回答「生存できる環境ない」不可解動画の調査へ(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース 











ウジ虫君は生存できる環境になくても生存しようと必死にがんばっていたのか・・・
GJToVPLaEAA2Fsg





↑このページのトップヘ