超絶"厳選"ニュースまとめch

厳選に厳選を重ねたホットなニュースや役に立つ情報をどんどんアップ&まとめていきます。

カテゴリ: 学校教育

【東京都立高校入試】英語スピーキングテスト終了!受験生の感想は?「前半の人の声聞こえた」「耳が痛い」「英検3級よりは難」「スマホ管理徹底してない」「早よ帰らせろや」#ESATJ 






FiBRyp5aUAECZwH



【注目】英語のスピーキングテスト、都立高できょう初実施
試験時間は15分程度。1人ずつに配布されたタブレット端末に表示される文章やイラストを見ながら、英文を読み上げたり、自分の意見を英語で述べたりする。
■20点満点
 27日のテストは高校や民間会議室など197か所で行われる。試験時間は15分程度。1人ずつに配布されたタブレット端末に表示される文章やイラストを見ながら、英文を読み上げたり、自分の意見を英語で述べたりする。20点満点で、来年2月に行われる5教科の学力検査(700点)と調査書(300点)の計1000点に加算し、1020点満点で合否を判定する。英語のスピーキングテスト、都立高できょう初実施…採点はフィリピンで - ライブドアニュース















































 

【大炎上】旭川女子中学生いじめ凍死問題で教頭の「10人の加害者の未来が大切」発言に「加害者にあるのは贖罪の未来だけ」「自分の保身が大切ってことやろ」

問題が起きた時に在籍していた教頭も出席。「1人の被害者の未来より10人の加害者の未来が大切」などと発言したと遺族から指摘されたことについて、初めて釈明しました。中学校の教頭
「保護者に対し、当該生徒をないがしろにし、加害生徒を擁護するような発言を行ったと言われる不適切な発言ですが、そのような発言はしておりません。保護者に対する説明において、私の言葉が十分に伝わらず、誤解を招いた部分がありましたら、その部分は申し訳ないと考えている」旭川いじめ問題 凍死した女子中学生在籍した学校で説明会「10人の加害者の未来が大切」…教頭が初めて釈明(HBCニュース) - Yahoo!ニュース 



















【大炎上】ゆたぼん父の『手取り13万』問題ツイートにネット民総ツッコミ!「学校に行かない場合もっと貰えなくなるで」「ゆたぼん、自転車二人乗りして怒られて欲しいな」
ゆたぼんが登校していないことについて、父子に多数の批判が寄せられている。中村氏は12日、「学校行って成功した人がある程度いるのは事実」と前置きした上で、「日本は学校に行っても『手取り13万』がトレンド入りするような国だし、それも『自己責任』で片付けられるような国だし、『自殺』が若年層の死因1位という国なので、学校に行った所で社会で暮らせるようになる保証はない事も伝えるべきでは?」とツイート。学校に通ったからといって安定した生活を送れるわけではないことを指摘した。ゆたぼん父「日本は学校に行っても『手取り13万』がトレンド入りする国」不登校に関して持論(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 
☆ゆたぼん父のツイート


☆ネット民の反応は?












☆ヤフコメ民の反応は?

だからと言って子供へ義務教育を受けさせる義務を放棄する理由にはなっていないと思います。また、学校に行っても将来の安定は保証されないという事と、だから学校に行かなくても良いと言うのは理由として結びついていないと思います。更に、学校に行ってない人の所得が学校に行っている人の所得を上回っているという客観的な統計数字なりを示す必要があると思います。何れにしてもこの方の主張は場当たり的で、自分に都合の良い様に論理を組み立てているように見せているに過ぎず、何らの説得力もないと思います。
一般的には学歴はあった方が就職には有利だし、初任給に違いもある。それよりも一番の問題は多くの人と付き合い、礼儀や道徳を学び、社会で生きている行けるように訓練する場でもあると思う。ゆたぽんのように、学校に行かないと選択したことは、それも構わないと思う。だけど、教育を受けさせる義務を放棄している以上、真面目に学校に通っている子と同様の権利を主張することができるのか考えた方が良い。子供が「プロ奢られヤーになる」と他人に依存した生活を口にしている現在、親として、自分と死別したとしても一人で生きていけるように、躾ける責任はあるのではないでしょうか?

ゆたぼん父「日本は学校に行っても『手取り13万』がトレンド入りする国」不登校に関して持論(日刊スポーツ)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース 



【学校休み】台風による休校を祈願する学生が大量に発生中w「台風の影響で、休校であって欲しい人RT」にリツイート殺到!#臨時休校 #学校休み #休校





















































↑このページのトップヘ