超絶"厳選"ニュースまとめch

厳選に厳選を重ねたホットなニュースや役に立つ情報をどんどんアップ&まとめていきます。

カテゴリ: MLB

【現地動画まとめ】大谷翔平ヤンキースの剛腕ゲリット・コールから30号ホームラン!大リーグ史上初!10勝&30号ホームラン!海外の反応は?

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が31日(日本時間9月1日)に本拠地のカリフォルニア州アナハイムで行われたヤンキース戦で、逆転の30号3ランを放ち、日本人大リーガーとしては初の2年連続30本塁打を達成した。大きな節目の一発に、米メディアは様々な歴史的な記録を掘り起こした。それらのいくつかを紹介する大谷翔平、大リーグ史上初の「10勝&30本塁打」…まだある歴史的快挙(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース 

★おはようございます "Ohayo Gozai Masu, New York!!".NEW YORK!スゴイ!




★日本人アナウンサーによる実況動画


★試合後のヒーローインタビュー!




★海外の反応は?


★現地動画













 

【スピーチ動画】イチローがシアトルマリナーズ殿堂入り!爆笑連発内容を日本語で紹介!「ワッツアップ、シアトル!」の意味は?大谷翔平のビデオメッセージも!ICHIRO #What's up Seattle?


日本時間8月28日、マリナーズは史上10人目となる球団殿堂入りを果たしたイチローの殿堂入りセレモニーを開催した。イチローはすべて英語で“What’s up, Seattle?!”から始まる16分間のスピーチを披露。イチローらしいユーモアを交えながら球団や家族、チームメイト、ファンへの思いや感謝を述べた。「引退したあとでさえ、野球とシアトルは僕の心を掴んで離さない。野球は永遠に僕の魂であり、僕の使命は選手とファンがこの特別なゲームを楽しむことを手助けすること」と語った。【MLB】マリナーズ・イチローの球団殿堂入りセレモニー すべて英語で“What’s up, Seattle?!”から始まる16分間のスピーチ(MLB.jp) - Yahoo!ニュース 



★爆笑連発英語スピーチの内容を日本語で紹介!

イチロー氏、元監督からのキスに「正直怖かった」 爆笑連発の球団殿堂入りスピーチ 

<動画1分5秒~>

「椅子に座らないでここに立っている方が安全かもしれない。なぜなら今の映像で見たように、ケン・グリフィー Jrが椅子に糊(のり)をつけたかもしれないから」

【グリフィーがイチローの椅子に糊をつけるCM動画】





<動画4分56秒~>
ジェイミーモイヤーに対して:「とてもおしゃべりだった。初めて会ったとき、あなたは英語で30分間も喋り続けた。そして私はあなたが言っていることが全く分からなかった」「私の英語は少し上達しましたが、いまだにあなたが言っていることはほとんど分かりません」

<動画10分15秒~>
ルーピネラ(元監督)に対して:「開幕戦で勝利した後、私たちがクラブハウスに戻ると、ルーが私にキスをしてきました。監督が大きく、湿ったキスをしてきたのです。日本ではないことなのでショックを受けました。正直言うと怖かったです。心の中で思いました。これがアメリカの習慣なら、ここではうまくいかないかも、と」

イチローさん マリナーズ球団殿堂入り 式典でファン大歓声 | NHK | 大リーグ 

★スピーチの始まりは"What's up, Seattle?"

What's up, Seattle?の意味は 「ヨウ、シアトルのみんな!」


★大谷翔平のビデオメッセージも!


★シアトルマリナーズのページに「世界最高の野球選手」




















【大谷翔平ウイルス性胃腸炎大丈夫?】ネット民「今季エンゼルス腹痛系多すぎやで!」"stomach virus"の意味は?食あたり?下痢?腹痛?食中毒? #エンゼルス #Ohtani
エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、敵地・タイガース戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場した。不安定な制球が響き、4回5安打3失点で降板。今季11勝目はならなかった。降板後、球団は「ウイルス性の胃腸炎」と発表した。防御率2.83。打撃では5回の打席で代打を送られ、1打数無安打1四球で打率.265となった。大谷翔平、「ウイルス性の胃腸炎」で4回5安打3失点降板 11勝目ならず、球団発表 | Full-Count 
★辞書を調べると?

stomach virus:ウイルス性腹痛

★ウイルス性胃腸炎?


★下痢?







★エンゼルスで今季"Stomach Virus"が蔓延している・・・


★食あたり(食中毒)?
watsup with the angels and stomach virus.. Rendon, Marsh and Mike Trout all had it, now its Ohtani. lol
4月25日にはこんな記事も!
23日のオリオールズ戦で2号2ランを放つなど好調だったメジャー2年目の外野手マーシュが食あたりで欠場。当初は「6番・左翼」でスタメン予定だったが、代わりにアデルが出場した。早ければ25日(日本時間26日)のガーディアンズ戦で復帰予定だが、チームでは今季に入りトラウト、レンドンに続き3例目の症状。







一方海外のネット民の中には・・・








ミシガン州の水を飲んだから!

というツイートもあります・・・。米ミシガン州は、水道水の鉛汚染事件が同州のフリント市で起こったことで有名です。マイケル・ムーア監督の華氏119というドキュメンタリー映画にも詳細が報じられています!今日の試合は、デトロイト・タイガース戦、そうミシガン州で行われています・・・。






【動画】大谷翔平ベーブルース以来の104年ぶり偉業達成!10勝&25号ホームランでイチロー超え通算118号!実況「イッテラッシャイ!」「スゴイ」#Ohtani #オオタニサン


エンゼルス 5ー1 アスレチックス(日本時間10日・オークランド) エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地・アスレチックス戦でメジャー初の10勝目を挙げた。「2番・投手兼DH」で投打同時出場し、6回5奪三振3四球、4安打無失点と好投。打っては7回にダメ押し25号ソロを放った。チームは5-1で快勝。両リーグでは1918年ベーブ・ルース(当時レッドソックス)以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打の偉業を達成した。大谷翔平、初の10勝目で104年ぶり偉業を達成 6回5K4安打無失点&イチロー超え25号 | Full-Count


◆米大リーグ アスレチックス―エンゼルス(9日・オークランド=オークランドコロシアム) エンゼルス・大谷翔平投手(28)が9日(日本時間10日)、敵地・アスレチックス戦に「2番・投手」でスタメン出場し、出場5試合ぶりの一発となる25号本塁打を放った。メジャー通算118本塁打で、イチロー氏を越えて日本人歴代で単独2位に浮上した。大谷翔平がイチロー超え! リアル二刀流弾で米通算118本塁打、日本人単独歴代2位浮上…10勝目へ自ら一発 : スポーツ報知 (hochi.news) 


















【動画】大谷翔平メジャー通算100号!日本人最速!実況日本語絶叫「SUGOI!」エンゼルスの公式ツイッターも話題に!


【MLB】アスレチックス-エンゼルス(5月14日・日本時間15日/オークランド)エンゼルスの大谷翔平投手がダブルヘッダーの第2試合目に「3番・DH」で先発出場。6-1と5点リードで迎えた5回の第3打席に5試合ぶりとなる7号2ランを放った。ファン待望の一発は、松井秀喜、イチローに次ぐ日本人としては3人目となるメジャー通算100号のメモリアルアーチ。さらに459試合目での達成は日本人では最速のダブル快挙となった。大谷翔平、5試合ぶり7号2ラン! 日本人最速でメジャー通算100号達成のダブル快挙 サヨナラ負けの悪い流れを吹き飛ばす価値ある一発(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース 

☆日本人選手ではは松井秀喜(175本)、イチロー(117本)に続いて3人目の快挙!








☆スタンドからは早くもMVPコールが!


☆試合前のじゃんけんタイム!


















 

【動画】大谷翔平2打席連続ホームラン!も「昨年よりボールが飛ばない」と愚痴る!実況「SUGOI」wwトラウトとの"Back to back"ホームランの意味は?
エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「3番・指名打者」で出場。日米初の満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、チームの2連勝に貢献した。5打点は19年9月7日ホワイトソックス戦以来2度目で自己最多タイ。3安打は今季3度目で、マルチ本塁打は今季2度目、通算8度目だった。これでメジャー通算99号。100号に王手をかけた。大谷翔平 2打席連弾でメジャー通算100号に王手「早く達成したい、できれば明日」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 

☆Back to Back homerun!意味は「(二者)連続ホームラン」です!トラウトとのアベックホームラン!


☆思わず実況も「SUGOI」と雄叫び!グランドスラム(満塁ホームラン)







☆【MVPの目覚め】大谷翔平が2打席連発&自身初の満塁ホームラン!!!!!!アメリカでも絶賛の嵐!!!


【動画】大谷翔平 VS 澤村拓一は大谷空振り三振でレッドソックス勝利!「完全にヒーローvsヒールww」「監督の粋な計らい感謝!」「見応え十分!」
エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地・レッドソックス戦に「3番・指名打者」で先発出場。4回の第2打席で中前打を放ち、4試合ぶりの安打をマークした。9回には澤村拓一投手とメジャー初対決。空振り三振だった。4打数1安打で打率.237。チームは0-4で完封負けを喫して2連敗。
https://full-count.jp/2022/05/04/post1216426/












【動画】「大谷翔平ヘルメット投げつける」にネット民「SHOHEIは神様じゃない!」「大谷なら大目に見られるという」「目標シートに道具を大切にするって書いてたけど」




大谷が思わず、物に当たってしまった。凡退後にベンチへ戻ると、ヘルメットと肘当てを思い切り、投げつけた。衝撃音がベンチ内に響き渡る。珍しい行動。激動の二刀流の合間に見せる笑顔は、多国籍な選手へのスマイルと変わっていた。だがこの日、一瞬のぞかせた怒りに、エ軍ベンチも静まり返った。
大谷翔平怒りでヘルメット投げ 代打で凡退、全力疾走できず 昨季MVP苦闘の開幕1カ月 



【ネット民の反応は?】

☆テニスでは結構ラケット折ったりする。そしてそれは批判される。大谷なら大目に見られるよね。

☆こいつ目標シートに道具を大切にするって書いてたけどな

☆テニスだとジョコビッチとかも結構折る。ただ大谷は道具を大切にするというのが一つの魅力でもあったから。イチローもやけど。






【動画】レッドソックスの澤村拓一が悪送球でサヨナラ負け!海外Redsoxファン激オコ!公式ツイッターに「沢村をつまみ出せ!」「サワムラをボルチモアに置いてけ!!」
タイブレークの延長10回、バントを三塁に悪送球して決着
三塁への悪送球で痛恨のサヨナラ負けを喫したRソックス・澤村拓一
■オリオールズ 2ー1 Rソックス(日本時間1日・ボルチモア)レッドソックスの澤村拓一投手が4月30日(日本時間5月1日)、敵地でのオリオールズ戦でサヨナラ負けを喫した。痛恨の悪送球で今季初黒星となり、表情を失った。1-1で同点のまま試合はタイブレークの延長へ。10回に登板した澤村は先頭を申告敬遠で歩かせて無死一、二塁に。続く打者のバントを自ら捕球したものの、三塁へ悪送球。試合を決するミスに、愕然とした表情のまま立ち尽くした。【MLB】澤村拓一、痛恨の悪送球でサヨナラ負け 今季初黒星、延長10回に愕然と立ち尽くす 

【実際の暴投動画】


【海外のRedsoxファンのコメント】

★守備もマズイし、今度はコレ。サワムラぁ・・・。



★サワムラをボルチモアに置いてけ!!


★惨めじゃ!なんだあのサワムラのスローイングは!?!?!


★サワムラをつまみ出せ!


★オオバカモノ!!!


【日本のネット民は?】



【インスタで知り合った女性を性的虐待DV疑惑】LADドジャースのトレバー・バウアー投手DV規定違反とは具体的に何をした?324試合出場停止!

米大リーグのマンフレッド・コミッショナーが29日(日本時間30日)、ドジャースのトレバー・バウアー投手のドメスティックバイオレンスの規定違反による出場停止処分を324試合(2シーズン分の試合)にすると発表した。コミッショナー事務局独自の調査の結果だとしている。バウアーに対しての処分が発表された昨年から随時処分を期間を延ばしてきていた。また、今回の処分はスタートした昨年にさかのぼって開始するのではなく、2024年4月まで無給の制限リスト入りとなる。
【トレバー・バウアーは何をした疑惑があるのか?】

sporting newsを要約すると・・・
Trevor Bauer sexual assault allegations, explained: Dodgers pitcher suspended 2 years by MLB | Sporting News

★ 仮名Ms. Hill「ヒル」に対して性的暴力を振るった
★ バウアーとはInstagramを通じて知り合い、4月21日に初めて会ったと主張している
★ Hillは、バウアーが同意なしに複数の性行為を行うようになったと説明した
★ Hillは、バウアーが意識不明になるほど彼女の首を絞め、顔や性器を殴ったと主張している
★ Hillは、彼が彼女の同意なしに性行為を開始したと主張しています。

☆バウアーは、ヒルさんと「完全に同意の上」の性行為を2回行ったと主張している。
★ ヒルは、2回目の性交渉の翌日に診察を受けた。
★ 公的な記録によると、受診票には「頭部と顔面の外傷」とあったが、CTスキャンとMRIの結果、そのような傷はなかったとある。
★ 受診票の「頭蓋骨底部骨折の兆候」という記述は、その後、ダイアナ・グールド=ソルトマン判事によって「重大な誤解を招く」ものであったと裁定された。







↑このページのトップヘ