【海外の反応】2025年大阪・関西万博の公式キャラクターを見た外国人の反応は?「理解不能!」「コロナウイルスの変異体」!モチーフや愛称、デザインした山下浩平さんWiki。

star
万博キャラ選考委員会座長・原研哉氏、気持ち悪いの声も「当然あった」 それ以上に“ポテンシャル重視”「スター性がある」
 2025年『大阪・関西万博』の公式キャラクターが22日、都内で発表され、グループ・mountain mountain (マウンテンマウンテン、代表:山下浩平氏)によるデザインに決定した。選考委員会座長を務めたグラフィックデザイナーの原研哉氏は「世の中に登場した時にどのくらい注目を集めるか」が大事とし、インパクトあるキャラクター誕生に「ポテンシャルがある」と自信を示した。https://www.oricon.co.jp/news/2228738/full/
【モチーフ・特徴・コンセプト】

水の都・大阪から連想した水のように姿を変えられる青いキャラクターのデザインで、赤い球体が連なる奇抜なロゴマークと一体となった姿が特徴です。
生きているロゴマークは、ずっと「変わりたい」と願っていました。ある時、清い水と出会ったことで、色々な形に姿を変えることが出来る様になりました。その時から、ロゴマークはこのキャラクターと、ひとつになりました。ロゴマークは「なりたい自分になる」そう願いながら日々、より善き姿を求めて変化しています。想像する力がある限り、変化の可能性は無限大です。
https://character.expo2025.or.jp/characterannouncement.html
※キャラクターの愛称はこれから決めるということです!

【海外の反応】

☆「理解不能!」


☆「理解するな。ただ感じろ!」


☆「COVID-19の公式マスコット、"バリアント "(変異体)です。」


☆シンプソンズのブリンキーみたい!


☆「キャラを変えるんだったらまだ間に合うよ!」


☆「ウルトラマンが地上に来た理由ってコレなのね!」


☆「こっち来ないで!って彼に言ってやりたいわ」


☆「笑うべきじゃないけど、、、スマン笑わずにはいられないぜ!!ハハハ!!ホントごめん!!」




【日本のネット民の評価・感想】









【受賞者山下浩平さんWiki】

グループ名:mountain mountain(マウンテンマウンテン)
作者(代表者):山下 浩平(やました こうへい)
生年:1971年生
職業:デザイナー・絵本作家

山下 浩平は日本のグラフィックデザイナー、イラストレーター、絵本作家。熊本県熊本市生まれ、兵庫県神戸市育ち。兵庫県立明石高等学校美術科、大阪芸術大学美術学科卒業。アートディレクター。グラフィックデザイン、キャラクターデザインを中心に広告やTV番組、商品開発など幅広くデザイン活動を行っている。(Wikiペディア)