超絶"厳選"ニュースまとめch

厳選に厳選を重ねたホットなニュースや役に立つ情報をどんどんアップ&まとめていきます。

カテゴリ: プロ野球

プロ野球(2024年6月7日):DeNA 1-10 ソフトバンク
3回ウラ、DeNA・上茶谷大河選手がライトゴロを放った際に一塁ベース上でアクシデント。。

 











日本ハムの水谷瞬選手は、2024年シーズンに「幻のホームラン」を経験しました。

水谷選手は6月2日のゲームで、エスコンフィールドの球場ルールではホームランとなるはずの打球を放ちましたが、フェンスに直撃したという判定で二塁打となりました。これは「幻のホームラン」と呼ばれる出来事です。

水谷選手は2023年12月の現役ドラフトでソフトバンクから日本ハムに移籍し、2024年シーズンに1軍デビューを果たしました。5月24日の楽天戦でも活躍し、交流戦では打率6割4分という好成績を残しています。

「幻のホームラン」は珍しい出来事で、過去には長嶋茂雄選手が新人時代に3度も経験したことがあります。ホームランかどうかの判定が審判団の協議で覆ることもあり、ファンを驚かせる出来事となります。

水谷選手は「幻のホームラン」の直後に、「打ち直しの一発」を放ち、「正真正銘のプロ1号本塁打」を記録しました。ドラフトでの移籍を経て、ルーキーイヤーに印象的な活躍を見せた水谷選手から、今後も目が離せません。


































プロ野球(4月21日):西武 0-1 楽天
この試合、3回表の楽天・辰巳涼介選手の走塁ミスが話題になっています!




ネット上の声


















































★ドヤメガネニキに帰れ!コールが!



















































西武ライオンズからFAでソフトバンクホークスに移籍した山川穂高内野手(32)が、オープン戦で古巣・西武戦に「4番・一塁」で先発出場。西武ファンから大ブーイングを浴びせられた。

山川選手は昨シーズン、女性問題の不祥事が発覚し、西武から公式戦の無期限出場停止処分を受けた。その後、FA権を行使してソフトバンクに移籍したことで、世間から批判の声が上がっていた。

1月末にファームの自主トレを公開した際、山川選手はブーイングなどについて「いろんな選手を見てきましたけど、プレーする時は目の前のことを全力でやってますし、僕たちもそうしてきた。周りの環境が先ではなく、打席に入れば目の前のボールを全力で打ちにいく。守備を守ってる時も勝つためにプレーするだけ。自分にできることを1つ1つやっていきたい」とコメントしていた。

移籍後初めて古巣の本拠地に乗り込んだ山川選手。スタメン発表の際、大ブーイングに包まれたが、自身のプレーで結果を残し、ファンの心を取り戻すことができるだろうか。






























































































































 

↑このページのトップヘ