超絶"厳選"ニュースまとめch

厳選に厳選を重ねたホットなニュースや役に立つ情報をどんどんアップ&まとめていきます。

カテゴリ: プロ野球

横浜DeNAベイスターズの“ドラ1ルーキー”度会隆輝選手(21)に交際報道が出たことが話題となっています。


ネット上ではアイドルグループTiiiMOのNattiy(なっちー)さんがお相手だとされています。


報道前日の2月4日にグループからの卒業ライブを行っていたようです。

ネット上の声



















ルーグネッド・オドーア選手は、巨人に移籍することが決まり、多くのファンが注目しています。オドーア選手は29歳で、ベネズエラ出身の内野手です。右投げ左打ちで、主に二塁手としてプレーしてきましたが、他の内野のポジションや外野も守ることができます。

メジャーリーグでは、テキサス・レンジャーズ、ニューヨーク・ヤンキース、ボルチモア・オリオールズ、サンディエゴ・パドレスといったチームでプレーし、通算178本塁打を記録しています。特にレンジャーズ時代の2016年には自己最多の33本塁打を放ち、2017年と2019年にも30本塁打以上を記録しています。また、彼は「狂犬」という異名を持ち、ハッスルプレーでチームを鼓舞するスタイルが特徴です。

vene123

巨人では、オドーア選手の長打力が期待されており、彼の加入によってチームの攻撃力がさらに向上することが予想されます。また、外野手としての起用も検討されており、右翼手としてのポジションが予想されています。巨人は今オフ、他球団からの補強を積極的に行っており、オドーア選手の獲得はその一環となります。

オドーア選手は、メジャーリーグでの経験を活かして、巨人の4年ぶりのリーグ優勝に貢献することが期待されています。彼の加入は、巨人ファンにとって待望の補強となるでしょう。


【オドーアの乱闘シーン。思いっきり選手を殴ります・・・】

Asi fue la PELEA entre Jose Bautista y Rougned Odor | La mas ÉPICA de los ÚLTIMOS TIEMPOS | MLB (youtube.com)












☆オドーアの成績は?

Rougned Odor Stats, Age, Position, Height, Weight, Fantasy & News | MLB.com



西武ライオンズから福岡ソフトバンクホークスにFA移籍した山川穂高選手の人的補償問題について、多くの波紋を呼んだ経緯があります。当初、西武はソフトバンクから提出されたプロテクトリストから和田毅投手を人的補償として指名する方針を固めていましたが、これが一部スポーツ紙に報じられると大きな反響がありました。

和田投手は西武からの指名を受け、「引退します」と述べたとされています。これは、西武がソフトバンクに和田投手を人的補償として選んだ旨を伝えた後の出来事で、ソフトバンクにとっては想定外だったとされています。和田投手は43歳で推定年俸も2億円と高額であり、西武は先発投手陣が充実していることから、和田投手が指名されることはないと見てプロテクトしていなかったのです。

hawks


しかし、最終的には両球団が話し合い、甲斐野央投手が人的補償として西武に移籍することになりました。甲斐野投手は最速160キロの直球を持つ投手で、西武との開幕戦でプロ初登板初勝利を挙げるなど、一定の実績を持っています。

この一連の騒動には、「和田が移籍を拒否した」「ソフトバンクがファンの反発に驚いて西武に変更をお願いした」といった様々な情報が飛び交いました。また、和田投手がプロテクトリストから外されていたことは間違いないとみられ、FA史に残る前代未聞のドタバタ劇となりました。

結果として、甲斐野投手は西武に移籍することになり、ソフトバンクからは「救援陣は層が厚い部門だった」とのコメントがありました。甲斐野投手自身も「突然のことではありましたが、ホークスには本当にお世話になり感謝しかありません」と述べ、新天地での活躍を誓っています。

この一件は、FAの人的補償のあり方やプロテクトリストの取り扱いについて、改めて議論を呼ぶことになりそうです。
















日高暖己は、2004年9月16日生まれの長崎県出身のプロ野球選手で、右投左打です。身長は183cm、体重は74kgです。

彼は富島高校で投手、遊撃手として活躍し、1年秋からベンチ入りしました。2年秋から本格的に投手に転向し、3年夏には甲子園に出場しました。下関国際(山口)との2回戦では9回を162球完投し、5失点で敗れましたが、フォークなどを交えて9三振を奪いました。彼は2022年のドラフト5位でオリックス・バファローズに入団しました。オリックスでは、同じ宮崎の都城高から16年ドラフト4位の山本由伸(ドジャース)の系譜を継ぐ存在として期待されていました。しかし、2024年1月5日に広島東洋カープに移籍しました。これは、オリックスの西川龍馬外野手が国内FA権を行使して移籍した際の人的補償としての移籍でした。

hidaka

日高暖己は、台湾で行われたウインターリーグで好投を見せ、2試合に先発して計11イニングを投げ、防御率は0.82でリーグトップタイでした。また、高校3年夏の宮崎大会では先発として5試合に登板し、決勝で9回2安打無失点と相手打線を封じ、チームを3年ぶりの甲子園へ導きました。

彼は山本由伸投手を手本にしており、高校2年の夏までは投手兼遊撃手で、2年秋から投手に専念すると急成長しました。また、彼は「1軍で投げられる体づくりとケガをしない体づくり」を目指しています。















11月28日に開催されたNPB AWARDSにおいて、巨人・岡本和真選手の阪神タイガース勢との仲睦ましすぎる姿が話題となっています。




ネット上の声








 岡本写り込みシッヌwwwwwwww






2023セントラルリーグ・ベストナイン捕手部門で、巨人・小林誠司捕手に一票投票されていたことが話題となっています。ちなみに今季の小林の成績は出場21試合、1安打、打率.125でした。




ネット上の声



























11月23日に行われた東北楽天ゴールデンイーグルスファン感謝祭の翌日の内星龍投手(21)のインスタ投稿が話題を集めています。安楽智大投手のパワハラ疑惑との関連性を疑う声がネット上で挙げられています。

11月24日の内投手のインスタ投稿⇩



話題となっている、安楽投手が内投手に蹴りを入れている動画


ネット上の声



















東北楽天ゴールデンイーグルスの安楽智大投手によるパワハラ疑惑に関し、同チームの田中将大投手の行為にも非難が飛んでいます。

流出動画⇩
松井裕樹の500試合登板記念のフォト撮影での一幕。内星龍投手にちょっかいを出す安楽&田中



ネット上の声





















東北楽天ゴールデンイーグルスの安楽智大投手のパワハラ疑惑報道が話題になっていますが、その内容が明らかにされ、ネット民から怒りの声が多数上がっています。

・後輩へ暴言、人格否定を日常的に行っていた。
・食事会への誘いを断られると執拗なイヤガラセ電話をしていた。
・ロッカールームで若手に逆立ちさせ、下半身露出を強要し靴下を装着させる、それを笑いながら撮影していた。
・むち打ち状態になるほどの平手打ちも行われていた。etc...


済美高校3年時には、安楽自身は当事者には含まれなかったものの、部内の悪質ないじめで1年間の対外試合禁止処分を受けたこともありました。


ネット上の声




























11月23日、東京ドームで行われたジャイアンツファンフェスタで、田中千晴投手が披露した引き語りが話題となっています。






ネット上の声

















↑このページのトップヘ