ベルギー代表GKクルトワ、敗戦にブチキレ!審判団ベンチに拳を叩きつけ引き上げるシーンがネット上にアップされる。
ベルギー代表のGKティボー・クルトワが怒りをあらわにした。ベルギーは27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節でモロッコ代表と対戦。相手の堅守を崩し切れず、ロマン・サイスの直接FKで先制を許すと、終盤には追加点も奪われて0-2で敗れた。『ESPN』は試合後に怒りをあらわにドレッシングルームへと引き上げるベルギー守護神の様子を、「クルトワは熱くなった」と紹介している。ピッチを出て、中央の放送カメラや第4審の山下良美さんの脇を抜けたクルトワは、審判団用のベンチ脇に八つ当たり。激しくこぶしを叩きつける姿が目撃された。

敗戦のベルギーGKクルトワ、引き上げ時に山下良美さんら審判団ベンチへ拳を叩きつける姿が目撃される 超WORLDサッカー!
話題を呼んでいるシーン

ネット民の反応。。