スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

タグ:word

何かをお願いするときは必ずpleaseを!

 レストランやファースト・フード店で何かを頼むときや、人に頼み事をするときは、必ずpleaseをつけるようにしましょう。以前飛行機の中で、
Diet Coke!
Newspaper!
とflight attendantに言っている日本人を見かけましたが、これでは、
「ダイエットコークを持ってこい!」
「新聞もってこい!」
という命令になってしまいます。それぞれ
Diet Coke, please.
Newspaper, please.
と言うのが適切です。

 アメリカでは、pleaseを言わないで頼み事をしてきたとき、

What's the magic word?

と言ったりします。直訳は「魔法の言葉は何?」ですが、この場合、

「そういうときはなんて言うの?(「お願いします」って言うんでしょ?)」という意味になります。親が子供に使っている場面を、映画やドラマなどでもよく見かけますよね!ちなみに、何か人にしてもらったときは、

Thank you.

を言う。これも決まりですね!


1-SaytheMagicWordPlease

オックスフォード英英辞典が選ぶ2014 Word of the year(今年の単語)は

Vape

に決定しました!

vape(ヴェイプ)とは、電子たばこの器具や、電子たばこを使うこと自体を指して使われます。確かに、昨年アメリカに行った折、高校生がしょっちゅう使っていて、はじめはマリファナか何かの吸引器かと焦りました


vape, verb
Inhale and exhale the vapour produced by an electronic cigarette or similar device

vape, noun
 An electronic cigarette or similar device; an act of inhaling and exhaling the vapour produced by an electronic cigarette or similar device


vape
   英語の最新語やスラング、ツイッターやフェイスブックでよく出てくる英語の略語、そしてそして映画や海外ドラマで使われる日常英会話表現まで!最新英語フレーズが520載っている!スラング英語.comから生まれた本 ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520をチェックする!

Mum's the word. (これ内緒だよ)

「このことは秘密だよ!」と言いたいときに使える表現です。もともとは、シェークスピアの作品『ヘンリー4世』に

"Seal your lips and give no words but mum."

という場面があり、ここから来たものと言われています。Mumは、口を閉じて発する音です!


最新英語スラングやツイッター&フェイスブックで使われる英語、映画・ドラマで使われる英語が満載!
ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520をアマゾンでチェックする! 

このコーナーでは、その年話題となった新語・流行語を決定する『現代用語の基礎知識選2013 ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート50語を英語で説明してみます!

お・も・て・な・し 
ご当地キャラ 
こじらせ女子
じぇじぇじぇ
今でしょ! 
倍返し 
ブラック企業 
さとり世代 
二刀流 

どんどんアップしていきます^^

2013年オックスフォード辞書が選ぶ「今年の単語」はselfieに決定!そんな最新スラングやドラマや映画、ツイッターで使われる単語が520載っている!ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520をアマゾンでチェックする! 

【ノミネートされた言葉】
 PM2.5/NISA(ニーサ)/母さん助けて詐欺/弾丸登山/美文字/DJポリス/ななつ星/パズドラ/ビッグデータ/SNEP(スネップ)/ヘイトスピーチ/さとり世代/ダークツーリズム/ご当地電力/ご当地キャラ/こじらせ女子/富士山/日傘男子/バカッター/激おこぷんぷん丸/困り顔メイク/涙袋メイク/倍返し/今でしょ/ダイオウイカ/じぇじぇじぇ/あまロス/ビッグダディ/ハダカの美奈子/ふなっしー/フライングゲット/マイナンバー/NSC/アベノミクス/3本の矢/集団的自衛権/特定秘密/汚染水/ブラック企業/限定正社員/追い出し部屋/ナチスの手口に学んだら/ネット選挙/アホノミクス/引いたら負け/二刀流/スポーツの底力/シライ/お・も・て・な・し/コントロールされている

word (マジで・おっす!・本当?) [ワァ'ード]
 
単語や言葉を意味する"word"という表現が、スラングだとこんな意味になります。

"I met Brad Pitt today." "Word?"「ブラッドピットにあったぜ!」「本当?」となれば、wordは"For real?" "の意味で使われていますし、
"What's up dude?""Word"となれば、"word"は"What's up?"の意味にもなるわけです!

Word is bond. (マジで・神に誓って) [ワード イズ ボンド] 
 
*That's hella tight! Word is bond. 「超クールだぜ。マジで。」  
「疑う余地もない事実」・「マジで」とか「神に誓って本当さ」という意味。90年代半ばから流行りだしたスラングですが、今でも使われています。
"My word is my bond."「武士に二言はない」
なんて表現もありますよね。

↑このページのトップヘ