スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

タグ:rocket

It's not rocket science: 「そんなに難しいことじゃないよ」「簡単だよ」

今日はネイティブがよく使う表現を紹介します!

rocket"rocket science"

と聞くと、なにやら難しいイメージを描きませんか?

「ロケットの科学?ロケット工学🤔」

考えただけでも嫌気がさすのは私だけではないでしょう😳でも、そのロケットサイエンスにnotがついているということは、そうです

「(君が思うほど)難しいことじゃないよ」

という意味になるのです。

It's very simple, not a rocket science. 😉
「それは君が考えるように難しくはなく、とっても単純だよ」

Making progress in the gym is not rocket science!
「ジムで体を鍛え上げるのは難しいことじゃないさ」

のように使います。rocket sciece(難しい)という意味やrocket scientist(頭脳明晰な人)という意味でも使いますが、notを伴う場合がほとんどです!

 アメリカ大統領のDonald Trump(ドナルド・トランプ)が、自身のツイッターで

"Asked him how Rocket Man is doing."

「ロケットマンはどうしているかムン(韓国大統領)に聞いたぜ。」
とツイートして話題になっています。


明らかに、このロケットマンは、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)を指しているので、ツイッターなどでは、
「金正恩の新しいニックネームができた!」
「彼のニックネームとしてはかっこよすぎじゃね?」
などと大騒ぎしています。
 ところで、トランプはなぜ金正恩をMissile man(ミサイルマン)ではなく、Rocket man(ロケットマン)と呼んだのでしょう?ツイッターの中には、
「トランプは金正恩が飛ばしているモノを軍事用とは認識していない!」
なんてものもあったりします。たしかに我々の感覚だと、ロケットよりもミサイルの方が軍事的な意味合いが強いのですが・・・

★rocket(ロケット)
火薬や燃料を爆発させ、発生した多量のガスを後ろに噴き出し、その反動で非常に速く空中を飛行させる装置。搭載した燃料と酸化剤を燃焼させて推進力を得る飛行体

★missile(ミサイル)
ジェット(ロケット)エンジンで飛び、内蔵する装置または無線操縦によって飛行経路や速度を修正して目標に到達する兵器。誘導弾。推進&誘導装置を備えた兵器

と書かれています。ちなみに、オックスフォード現代英英辞典には

rocket: a missile that carries a bomb and is driven by a stream of burning gases.
missile: a weapon that is sent through the air and that explodes when it hits the thing that it is aimed at.

と書かれており、「ロケットだから兵器ではない」ということではないことが分かります!よって、トランプは意図的にmissilemanとしなかったというわけではなかったと言えるでしょう。
rocketman1
 それよりも、恐らく彼のことだから、Elton(エルトン・ジョン)の名曲や、ウォルト・ディズニー映画(ROCKETMAN)、そしてアメコミにも登場して馴染みのある"Rocket Man"という単語を、深い意味もなくただもじって使ったのかもしれませんね!



ちなみに、日本人でロケットマンといったら、、、
ふかわりょう
さんを思い浮かべるかもしれませんね😊
ふかわ りょう(本名:府川 亮、読み同じ、1974年8月19日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、エッセイスト。また、ryo fukawa及びROCKETMAN名義でミュージシャン、DJとしても活動。ワタナベエンターテインメント所属。神奈川県横浜市港北区出身。

↑このページのトップヘ