スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

タグ:歴史

クリスマスって何?

The word Christmas comes from the words Cristes maesse, or “Christ’s Mass”. Christmas is the celebration of the birth of Jesus for members of the Christian religion. Most historians peg the first celebration of Christmas to Rome in 336 AD.

  クリスマスという言葉は、”Chirst”(キリスト)の “Mass”(ミサ・祭日)という意味です。つまり、キリストの誕生を祝うお祭りという意味なのです。ちなみに、クリスマスのことをよくXmasと書きますが、これはギリシャ語でChristを意味するXristosの頭文字からとっているものなのです。

キリストは本当に12月25日に生まれたの?

No one really knows. What is known is that Christian leaders in 336 AD set the date to December 25th in an attempt to eclipse a popular pagan holiday in Rome (Saturnalia) celebrating the winter solstice. Originally the celebration of Christmas involved a simple mass, but over time Christmas has replaced a number of other holidays in many other countries, and a large number of traditions have been absorbed into the celebration in the process.

 ローマでは、12月の冬至(昼がもっとも短い日)に「これからまた日が長くなり光が蘇るぞ!」という意味を込めて太陽を祭っていました。273年にはローマ皇帝アウレリアヌスが12月25日を太陽神の誕生日と制定しました。そして、336年にはこの祭日を利用して(イエスは正義の太陽と呼ばれていた)イエス・キリストの誕生を祝う日と定めたわけです。

サンタクロースって誰?

St. Nicholas was born in 280 AD to wealthy parents in Patera in Asia Minor. He was orphaned at a young age and became a Christian Minister. St. Nicholas was elected bishop and he was once imprisoned for his faith. Nicholas is most famous for giving. He was known to beg for food for the poor. One story claims that he would dress up in a disguise and go out into the streets and give gifts to poor children. Some historians claim that St. Nicholas died in 343 AD, but many children believe that he is still alive giving out presents every Christmas in celebration of Christ’s birth.

 一般にサンタクロースというのは、3世紀頃ローマのミュラという場所に住んでいた聖ニコラスであるといわれています。今でも彼は子供の守護神、収穫の神、船乗りを暴風雨から守る聖人として知られています。

クリスマスツリーの由来

It has been taken into belief of most that the Christmas tree has started in Germany in the mid 700’s. The evergreen trees represented life. It is during the time of Christmas, in which the birth of Jesus Christ is celebrated that these trees are decorated and taken into homes. These trees represent the life of Jesus Christ and how He still live on today. They became known as the “Christ Tree” until the celebration became known as Christmas. Then it was the Christmas Tree.
Ancients would bring evergreen leaves on the night of December 21, the shortest day of the year. They did this because they wanted the sun god to get well and they thought the green leaves of evergreens would better the god.
In many countries thousands of years ago, people would decorate their houses with evergreen leaves and branches to keep away ghosts, witches, sickness, and evil spirits.
German Martin Luther is said to be the first to bring the tree indoor decorated with candles to show his children what stars looked like at night in the forest. He had been walking home and was amazed at the beauty of the stars. This is why he did it. This grew into America and now people light their trees with much more than candles(lights).

 クリスマスツリーの起源は16世紀頃現在のドイツからはじまったとされています。ドイツでは、古くから冬至や新年に生命力の象徴である常緑樹(もみの木など)の枝を窓や天井に飾り付ける習慣がありました。ツリーに飾られる飾り物は豊作の願いや悪魔や幽霊を退散させる意味があったと言われています。

豆知識:サンタとコカコーラの切っても切れない関係

 もともとは妖精サイズのサンタクロースを、等身大のサイズに拡大したのは米コカコーラ社の宣伝部だったのです!コカコーラ社は、同社のイメージカラーである「赤」をサンタクロースの衣服に重ね、サンタクロースがコカコーラを飲んでいるイメージのポスターや広告を大量に作成して、ブランドイメージの浸透を図ったのです。そうなんです、赤い衣装を身にまとい、ひげをたくわえたずっぷり太った老人は、実はコカコーラ社が作り出したものだったのです!


【クリスマスのおすすめ映画はこちら】

 ジングル・オールザ・ウエイ ★★★★★
→アーノルド・シュワルツネッガーの少し古い映画ですが、抜群に面白いです。息子へのクリスマスプレゼントを買い忘れたお父さんが、クリスマスイブに奔走する姿がとても面白く、またアメリカのクリスマスの様子や歴史を随所で垣間見ることができる映画です。ちなみに、別キャストでジングル・オールザ・ウェイ2もありますが、はっきりいってあまり面白くないです^^;;
  エルフ ★★★★☆
→北極でサンタと共に暮らす小さな妖精“エルフ”に育てられた人間が、本当の父親に会うためにニューヨークにやってくる物語で、ウィル・フェレルがいい味をだしています。この映画もおすすめです。
  34丁目の奇跡 ★★★★
→クリスマス・シーズンの定番映画で、クリスマスになると、この映画だけを1日中放送しているテレビ局もある程です!
 クリスマスキャロル ★★★★
→チャールズ・ディケンズの小説を映画化したもので、誰もが一度は聞いたことがあるストーリーではないでしょうか?

<ストーリー>
ロンドンの下町に事務所を構えるケチでカタブツの商人スクルージ。誰に対しても情け容赦ないその強欲ぶりは、隣人や取引相手たちから忌み嫌われていた。クリスマス・イヴの晩、そんな彼の前に7年前に亡くなった共同経営者マーレイの霊が現れる。その霊は、金銭欲、物欲に取り付かれた者がいかに悲惨な運命をたどるか、そしてそんなお前の心を入れ替えるため、今宵これから3人の精霊がこの場を訪れると告げるのだが……。

 今から2,000年以上も昔、フランスの北部とブリテン各諸国には、ケルト人が住んでいました。ケルト人は、毎年10月31日にサウィン祭という祭りをしていました。古代ケルト暦では、10月31日が一年の終わりの日で、このサウィン祭で秋の収穫をお祝いし、その年に亡くなった人々の魂を鎮める行事を行っていたのです。このお祭りこそが、ハロウィーンの起源と言われているのです。

<Halloween>(ジーニアス英和辞典より抜粋+α)
→ハロウィーン、万聖節(All Hallows, Hallowmas, All Saints’ Day)の前夜祭(10月31日の夜)
◆主に米国で、悪魔などの扮装をした子供が”Trick or treat!”(ごちそうしてくれなきゃ、いたずらするぞ!)と言って近所を回り、近所の人は”I’m scared.”(わあ恐い)と言ってお菓子や果物を与える;英国ではGUY FAWKES NIGHT (11月5日)の方が盛ん。
★Hallow(聖人)+-een(夕べ=evening)という意味。
★悪魔などのコワ~い衣装をまとうのは、家の周りをさまよっている悪霊たちをこわがらせて、その場から逃げ出させるため。


【Jack o’ lantern (ジャック・オウ・ランタン)の由来を学ぼう>】

 ジャック・オウ・ランタン(顔の形をしたカボチャ)がハロウィーンで飾られるのは、ジャックという名のイギリス人の男の子の伝説に基づいているようです。
ある日ジャック青年は、いたずら好きな悪魔をリンゴの木に登らせて十字を切り、悪魔が木から降りてこられないようにしてしまいました。そして、自分のことを探さないように約束させたのです。
 月日が経ち、ジャックが死ぬと、彼は天国へ行ったのです。しかし、天国で大酒を飲み、追放されてしまったのです。さて天国から追放されてしまったジャック。行くあてもなく、しかたなく地獄へ行ってみることにしたのです。しかし、子供の頃に悪魔に意地悪をしたジャックは、地獄にも入ることができなかったのです。
それ以来、ジャックは憩いの場所を求めて、ジャック・オウ・ランタンを持って地上をさまよっていると言われています。これが”Jack o’ lantern”の由来です。ちなみに、提灯の黒は死を、そしてだいだい色は収穫を表していると言われています。


【ハロウィンと”Trick or treat!”】  

ハロウィーンの夜は「ごちそうしてくれなきゃ、いたずらするぞ!」といって子供達が各家を回ってキャンディーをもらう習慣があります。キャンディーをもらえないときは、いたずらをしてもいいんです!

【英語でTrick or Treat!】

 ‘Trick or Treat’ began in America in the earlier part of the 20th century when a group of Irish labourers used Hallowe’en as an opportunity to demand money with menace. This was later toned down and popularised as a ‘light-hearted’ neighbourhood activity. It is a very strong part of popular culture in the States.
Children will come home from school, dress up in some outlandish outfit (such as a witch, a goblin or a ghoul) and go knocking on doors shouting “Trick or Treat”. If the person opening the door does not give them a ‘treat’ eg sweets or money, then the youngsters threaten to ‘trick’ them and play a joke or a trick on them.


【アレックス君ハロウィーン特集】

 以前ホームステイをした先の一人息子、アレックス君のハロウィーン特集です!

 

Dear Takashi
I wonder when you will come back?

親愛なるたかし いつ帰ってくるのぉ? ラブ アレックス

 海外からのポストカードや手紙って、なんか温かみがあっていいですよね。E-mailでは伝わらないものがあります。確かに今の時代は、E-mailを使って即座にやりとりができるけど、こういった温かみを与えてくれるSNAIL MAIL(スネイル・メール。普通郵便のこと)の役割もかなり重要になってくると思います!

こないと食べちゃうぞっ!

Dear Takashi,
I wish I would go over there but Daddy couldn’t because someone couldn’t do it.  And I love you, Takashi, it’s more funner over there with you and I wish I would ever see sumo. And well, Takashi it’s more funner for me to play with you and also it’s more funner of you bringing things to me for my room and stuff.  And even I really love you.  I wish I would have to be something to really to have you more better so you could play with me and also there’s more fun things to do but when you’re not here there isn’t.  I like you very much.

忍者になったアレックス

当時ホームステイに来ていたチアヤさんと!

海賊になったアレックス


【Halloween リンク集】

 Halloween online (英)
→ハロウィーン情報が満載のページ
 123greetingsのハロウィンカード特集
amazonのハロウィーン特集
 Navorまとめのハロウィーン特集

 1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)さんが、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。ウィキペディアでチェック


【英語で父の日の由来】

 The idea for creating a day for children to honor their fathers began in Spokane, Washington. A woman by the name of Sonora Smart Dodd thought of the idea for Father’s Day while listening to a Mother’s Day sermon in 1909.
Having been raised by her father, Henry Jackson Smart, after her mother died, Sonora wanted her father to know how special he was to her. It was her father that made all the parental sacrifices and was, in the eyes of his daughter, a courageous, selfless, and loving man. Sonora’s father was born in June, so she chose to hold the first Father’s Day celebration in Spokane, Washington on the 19th of June, 1910.

In 1926, a National Father’s Day Committee was formed in New York City. Father’s Day was recognized by a Joint Resolution of Congress in 1956. In 1972, President Richard Nixon established a permanent national observance of Father’s Day to be held on the third Sunday of June. So Father’s Day was born in memory and gratitude by a daughter who thought that her father and all good fathers should be honored with a special day just like we honor our mothers on Mother’s Day.


【Father’s Dayリンク集】

 123greetings Father’s Day Card(英)
 アマゾンの父の日ギフトコーナー (日)
 history.comのFather’s Day特集(英)


【父の日Quotes】

That is the thankless position of the father in the family-the provider for all. and the enemy of all.
— J. August Strindberg, Swedish writer

It doesn’t matter who my father was; it matters who I remember he was.
— Anne Sexton, U.S. poet.

One father is more than a hundred schoolmasters.
— English proverb (17th century)

I cannot think of any need in childhood as strong as the need for a father’s protection.
— Sigmoid Freud

If the new American father feels bewildered and even defeated, let him take comfort from the fact that whatever he does in any fathering situation has a fifty percent chance of being right.
— Bill Cobs


【Fatherジョーク】

【1】大人の事情・・・

“Mom, why can’t I go swimming?”
“The water is too deep.”
“But Daddy is swimming!!”
“He’s insured.”


ママ、どうして僕ちゃん泳いじゃいけないの?
この海はとっても深いのよ。
だけどパパは泳いでいるよ?
パパはね、保険に入っているのよ。

【2】 息子よ、それを言っちゃあおしまいよ!

The father said to his child, “You know, son, at your age, George Washington wasn’t listening to music and playing. He was already a bold courier for the army.”And the boy said, ” I know, Dad. And at your age, he was President of the United States, wasn’t he?”


父親が息子に言った。
「おい息子よ。ジョージワシントンがお前と同じ年だったときは、音楽を聴いたり、遊びまわったりはしなかったぞ。勇敢に、軍隊の為に使い走りしていたんだ。」 すると、息子は言った。
「うん、しってるよ。それから、彼がパパと同じ年だったときには、彼はアメリカの大統領だったんだよね?」

 5月の第2日曜日は母の日です。この日は、日頃の母親の苦労をいたわり、感謝する日ですよね。実はこの母の日、元々アメリカ人のアンナ・ジャービスという女性が、亡き母をしのんで霊前に白いカーネーションを手向けたことに由来します。アメリカでは、1908年から始まりましたが、日本では、1949年から行われています。もっとも、日本の”母の日”は、1937年(昭和12年)に森永製菓が「森永母を讃える会」を作り、活動したことによって広まったといわれています。

【森永製菓のホームページから抜粋】
 母の日がまだ一般に知られていなかった1937(昭和12)年、心温まるこの行事を広めようと、森永は「森永母を讃える会」をつくり、関係諸団体と協力して全国的に大規模な普及活動を展開しました。そして今、日本中がお母さんに「ありがとう」を伝える日となったのです。この理念は現在もエンゼル財団に引き継がれ、「つねに家族を考える森永」の活動を支えています。


【母の日はいつ?】

 毎年5月の第2日曜日。これは、当時のアメリカ大統領ウィルソンが、1914年に5月の第2日曜日を「母の日」とすることを制定したことによるものです。ちなみに、5月の第2日曜日とは、アンナ・ジャービスのお母さんが亡くなった5月9日に由来します。


【母の日で英語を勉強しちゃおう!】

Youtubeで母の日に関するリスニングテストや文化勉強ができちゃいます!


【母の日にカードつかえる英語フレーズ】

★HAPPY MOTHER’S DAY
→母の日おめでとう!
★HAPPY MOTHER’S DAY! Blessings on your Special Day!
→ハッピーマザーズデイ!特別なこの日に祝福がありますように!
★Thanks for supporting me all these years Mom
→ママ、今までずっと私を支えてくれてありがとう
★A Big Hug on Mother’s Day!
→母の日に大きなハグを・・・!
★Mom, you are my hero (angel)!
→お母さん、あなたは私のヒーロー(エンジェル)よ!
★To the most precious woman in the world
→世界で一番大切な女性に・・・
★I luv you mom.
→ママ、大好きよ!

続きを読む

 4月1日になると、平気でウソをつくことが許されていますよね。(許されてはいないか・・・)さて、皆さんはどうして4/1はエイプリル・フールと呼ばれ、平気でウソをつく風習が一般化されたのだと思いますか?実はこれには様々な説があるのです。そこで、今回はもっともよく言われているものを紹介することにしましょう!


諸説1

時は16世紀、フランスでは4月1日が年の始まりで、多くの国民がパーティーやダンスをしながら新年のお祝いをしていました。ところが、ローマ法王グレゴリーが1562年グレゴリー暦を採用すると、新年が1月1日に変わってしまいます。しかし、フランス国民すべてがこのニュースを聞いたわけでなく、暦が変更された後も、4月1日を新年と信じる人たちは相変わらず新年のお祝いをしていたのです。そして、そんな人たちのことを「エイプリル・フールズ」と呼んでからかったというわけ。

諸説2

今日フランスでは、4月1日は”Poisson d’Avril”(ポワソン・ダブリル:4月の魚)と呼ばれています。これは、フランスでは4月に魚がとれることが滅多にないため、「あり得ないもの」という意味合いがあるのですが、別の説ではpoissonはもともと”passion”(受難)つまりキリストの受難を意味し、キリストが保守派の司祭長に愚弄された歴史を忘れないために、馬鹿なことをする日と定めたとも言われているのです。4月1になると、フランスの子供たちは、紙で作った魚を友達の背中に貼り付けてからかいあうのです。魚が背中にくっついたヤツを見ると、「Poisson d’Avril」と大声で叫んで馬鹿にするわけだ!!

 In sixteenth-century France, the start of the new year was observed on April first. It was celebrated in much the same way as it is today with parties and dancing into the late hours of the night. Then in 1562, Pope Gregory introduced a new calendar for the Christian world, and the new year fell on January first. There were some people, however, who hadn’t heard or didn’t believe the change in the date, so they continued to celebrate New Year’s Day on April first. Others played tricks on them and called them “April fools.” They sent them on a “fool’s errand” or tried to make them believe that something false was true. In France today, April first is called “Poisson d’Avril.” French children fool their friends by taping a paper fish to their friends’ backs. When the “young fool” discovers this trick, the prankster yells “Poisson d’Avril!” (April Fish!)

 YoutubeでフランスエプソンのCMを見てみましょう!サラリーマンが、魚臭いと思って自分の周りをチェックすると、背中に本物とも見られる魚のコピーが貼ってあったというものです^^エイプリルフールの洒落の効いたCMですね!


 欧米では「絶対にアリエナイ!」と言いたいとき、

“When pigs fly!”

という表現を使います。「ブタが飛んでいるなんて、絶対にアリエナイですよね!

April Fools' Day[辞書でチェック]
When pigs fly is an informal way to joke that you will never do something. Example: “Do you think you will ever work at that company again?” Reply: “When pigs fly!”

Pigs are heavy animals that stay close to the ground and do not fly, so when pigs fly is a time that will never come. Example: “Do you think your brother will be successful?” Reply: “When pigs fly he will.”

When pigs fly is a time that will never come because pigs will never fly. Example: “Will you ever take her on a date?” Reply: “Sure: When pigs fly!”


【April fools’ Dayリンク集】

 暮らしのミニ知識・エイプリルフール (日)
 Top100 April fool’s day hoax (英)
→April foolで実際になされた”悪さ”や”いたずら”を100発紹介!
  American greetingsのAoril Fool card (英)
→April Fools’ Dayグリーティング・カードを送ろう!!

↑このページのトップヘ