スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

タグ:ハロウィン

 今から2,000年以上も昔、フランスの北部とブリテン各諸国には、ケルト人が住んでいました。ケルト人は、毎年10月31日にサウィン祭という祭りをしていました。古代ケルト暦では、10月31日が一年の終わりの日で、このサウィン祭で秋の収穫をお祝いし、その年に亡くなった人々の魂を鎮める行事を行っていたのです。このお祭りこそが、ハロウィーンの起源と言われているのです。

<Halloween>(ジーニアス英和辞典より抜粋+α)
→ハロウィーン、万聖節(All Hallows, Hallowmas, All Saints’ Day)の前夜祭(10月31日の夜)
◆主に米国で、悪魔などの扮装をした子供が”Trick or treat!”(ごちそうしてくれなきゃ、いたずらするぞ!)と言って近所を回り、近所の人は”I’m scared.”(わあ恐い)と言ってお菓子や果物を与える;英国ではGUY FAWKES NIGHT (11月5日)の方が盛ん。
★Hallow(聖人)+-een(夕べ=evening)という意味。
★悪魔などのコワ~い衣装をまとうのは、家の周りをさまよっている悪霊たちをこわがらせて、その場から逃げ出させるため。


【Jack o’ lantern (ジャック・オウ・ランタン)の由来を学ぼう>】

 ジャック・オウ・ランタン(顔の形をしたカボチャ)がハロウィーンで飾られるのは、ジャックという名のイギリス人の男の子の伝説に基づいているようです。
ある日ジャック青年は、いたずら好きな悪魔をリンゴの木に登らせて十字を切り、悪魔が木から降りてこられないようにしてしまいました。そして、自分のことを探さないように約束させたのです。
 月日が経ち、ジャックが死ぬと、彼は天国へ行ったのです。しかし、天国で大酒を飲み、追放されてしまったのです。さて天国から追放されてしまったジャック。行くあてもなく、しかたなく地獄へ行ってみることにしたのです。しかし、子供の頃に悪魔に意地悪をしたジャックは、地獄にも入ることができなかったのです。
それ以来、ジャックは憩いの場所を求めて、ジャック・オウ・ランタンを持って地上をさまよっていると言われています。これが”Jack o’ lantern”の由来です。ちなみに、提灯の黒は死を、そしてだいだい色は収穫を表していると言われています。


【ハロウィンと”Trick or treat!”】  

ハロウィーンの夜は「ごちそうしてくれなきゃ、いたずらするぞ!」といって子供達が各家を回ってキャンディーをもらう習慣があります。キャンディーをもらえないときは、いたずらをしてもいいんです!

【英語でTrick or Treat!】

 ‘Trick or Treat’ began in America in the earlier part of the 20th century when a group of Irish labourers used Hallowe’en as an opportunity to demand money with menace. This was later toned down and popularised as a ‘light-hearted’ neighbourhood activity. It is a very strong part of popular culture in the States.
Children will come home from school, dress up in some outlandish outfit (such as a witch, a goblin or a ghoul) and go knocking on doors shouting “Trick or Treat”. If the person opening the door does not give them a ‘treat’ eg sweets or money, then the youngsters threaten to ‘trick’ them and play a joke or a trick on them.


【アレックス君ハロウィーン特集】

 以前ホームステイをした先の一人息子、アレックス君のハロウィーン特集です!

 

Dear Takashi
I wonder when you will come back?

親愛なるたかし いつ帰ってくるのぉ? ラブ アレックス

 海外からのポストカードや手紙って、なんか温かみがあっていいですよね。E-mailでは伝わらないものがあります。確かに今の時代は、E-mailを使って即座にやりとりができるけど、こういった温かみを与えてくれるSNAIL MAIL(スネイル・メール。普通郵便のこと)の役割もかなり重要になってくると思います!

こないと食べちゃうぞっ!

Dear Takashi,
I wish I would go over there but Daddy couldn’t because someone couldn’t do it.  And I love you, Takashi, it’s more funner over there with you and I wish I would ever see sumo. And well, Takashi it’s more funner for me to play with you and also it’s more funner of you bringing things to me for my room and stuff.  And even I really love you.  I wish I would have to be something to really to have you more better so you could play with me and also there’s more fun things to do but when you’re not here there isn’t.  I like you very much.

忍者になったアレックス

当時ホームステイに来ていたチアヤさんと!

海賊になったアレックス


【Halloween リンク集】

 Halloween online (英)
→ハロウィーン情報が満載のページ
 123greetingsのハロウィンカード特集
amazonのハロウィーン特集
 Navorまとめのハロウィーン特集

ここ最近、毎年ハロウィンの季節になると、必ず授業で見せるYouTube動画、それが

Jimmy Kimmel (ジミー・キンメル)の

YouTube Challenge - I Told My Kids I Ate All Their Halloween Candy

という動画。これはアメリカのABCテレビで放映されているトーク・ライブ番組の公式YouTubeサイトにアップされている動画です。

この動画は、ハロウィーンで子ども達が一生懸命Trick or Treatして集めてきたキャンディーを、親が食べてしまったことにし、子どもに

「ゴメンね、あなたのハロウィンキャンディー、全部食べちゃったわ」

と言って反応を見る、子どもにとってはなんとも迷惑な企画です。 でも第三者がこれを観ると、、、
続きを読む

↑このページのトップヘ