スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

タグ:トランプ

【hold up】:(人や物事を)遅らせる・邪魔する・引き留める・妨げる
【Hold up!】:「ちょっと待て!」(スラング)

今朝の最新ニュースで、ドナルドトランプが、先日韓国と合意した自由貿易協定(FTA)見直しを、米朝首脳会談後までhold upするとthreat(脅している)というニュースが話題になっています。

★President Donald Trump said Thursday that he may "hold up" the U.S. trade deal with South Korea. 
★Trump may 'hold up' trade deal with SKorea until after NKorea meeting
★President Donald Trump is threatening to "hold up" the trade agreement his administration just finalized with South Korea to provide more leverage for talks with North Korea.

さて、このhold up。どういう意味でしょう?hold upには、『何かを上に持ち上げる』という意味や、『持ちこたえる、支える』という意味が真っ先に思い浮かびますが、実はよく使われるのが

hold up: to cause a delay for someone or something, or to make them late
【(人や物を)遅らせる・邪魔する・引き留める・妨げる】

という意味です。つまり、韓国とのFTA見直し合意をhold up=遅らせる、延期するという意味なのです!

【"Hold up!"スラングの意味は?】

holdup
「ちょっと待ってくれよ!!」とか「ちょっと待てや!」と言いたいときに使えます。ちなみに、「手をあげろ!」という意味で使う場合は、Hold up your hands!としましょう!警察が「手をあげろ!」という場合はHands up!といいます。

【How are you holding up?ってどういう意味?】

「だいじょぶ?」「その後どう?」
→何かいやなことが起こった友だちなどに対して
「その後、大丈夫?」「うまくやっているかい?」
と気を留めてあげるときに使える表現です!

【今日のドナルド・トランプ英語フレーズ】
★ then and now:昔と今/ 当時と現在

70 years ago today, the National Security Council met for the first time. Great history of advising Presidents-then & now! Thanks NSC Staff!

「70年前の今日、国家安全保障会議の初会合が開催された。それ以降、歴代大統領に助言を続ける偉大な歴史がある。NSCスタッフの皆さんありがとう!」

★then and now : 昔と今
→thenとnowを使った表現をいくつか紹介しましょう!
"That was then, this is now."「昔は昔、今は今」(昔のことは忘れて今を見よう)
"every now and then" 「時々」(sometimesと同じ表現。everyを付けない場合も多い)

また、Then and nowといって『以前撮影した写真と同じ場所・ポーズ・服等で新たに写真を撮り、月日の流れに思いを馳せる』ものもあるようです!

https://matome.naver.jp/odai/2136125198494974301

 トランプ大統領がつぶやいている英語のツイートは、英語の勉強にもかなりなります。さらに、彼のツイートに対するコメント(結構辛辣なモノが多い)をチェックすると、スラングや使える英語フレーズも出てきて、英語学習ポイントが倍増します😊たとえば、このツイートには、

😩A little over 70 years ago, God also gave us you.
「70年より少し前、神様は我々に貴方(Donald Trump)をも与えたもうた」

などの皮肉めいたコメントが数多く書かれてあります。

 アメリカ大統領のDonald Trump(ドナルド・トランプ)が、自身のツイッターで

"Asked him how Rocket Man is doing."

「ロケットマンはどうしているかムン(韓国大統領)に聞いたぜ。」
とツイートして話題になっています。


明らかに、このロケットマンは、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)を指しているので、ツイッターなどでは、
「金正恩の新しいニックネームができた!」
「彼のニックネームとしてはかっこよすぎじゃね?」
などと大騒ぎしています。
 ところで、トランプはなぜ金正恩をMissile man(ミサイルマン)ではなく、Rocket man(ロケットマン)と呼んだのでしょう?ツイッターの中には、
「トランプは金正恩が飛ばしているモノを軍事用とは認識していない!」
なんてものもあったりします。たしかに我々の感覚だと、ロケットよりもミサイルの方が軍事的な意味合いが強いのですが・・・

★rocket(ロケット)
火薬や燃料を爆発させ、発生した多量のガスを後ろに噴き出し、その反動で非常に速く空中を飛行させる装置。搭載した燃料と酸化剤を燃焼させて推進力を得る飛行体

★missile(ミサイル)
ジェット(ロケット)エンジンで飛び、内蔵する装置または無線操縦によって飛行経路や速度を修正して目標に到達する兵器。誘導弾。推進&誘導装置を備えた兵器

と書かれています。ちなみに、オックスフォード現代英英辞典には

rocket: a missile that carries a bomb and is driven by a stream of burning gases.
missile: a weapon that is sent through the air and that explodes when it hits the thing that it is aimed at.

と書かれており、「ロケットだから兵器ではない」ということではないことが分かります!よって、トランプは意図的にmissilemanとしなかったというわけではなかったと言えるでしょう。
rocketman1
 それよりも、恐らく彼のことだから、Elton(エルトン・ジョン)の名曲や、ウォルト・ディズニー映画(ROCKETMAN)、そしてアメコミにも登場して馴染みのある"Rocket Man"という単語を、深い意味もなくただもじって使ったのかもしれませんね!



ちなみに、日本人でロケットマンといったら、、、
ふかわりょう
さんを思い浮かべるかもしれませんね😊
ふかわ りょう(本名:府川 亮、読み同じ、1974年8月19日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、エッセイスト。また、ryo fukawa及びROCKETMAN名義でミュージシャン、DJとしても活動。ワタナベエンターテインメント所属。神奈川県横浜市港北区出身。

ドナルドトランプ(Donald Trump)氏が大統領選で勝利をしましたね。ところで、ドナルド・トランプ氏の演説を見ていると、必ず
TrumpPence_yardsign_navy_large

TRUMP PENCEと書いてあるプラカードが目にとまりますよね。このペンスって何かな?と不思議に思った方は結構多いのではないでしょうか?

pence 【名】《貨幣単位》ペンス◇pennyの複数形

不動産王トランプだから、お金のペンス(でも通貨が違う・・・)??いやいや答えは

インディアナ州知事の

マイケル・リチャード・“マイク”・ペンス(Michael Richard "Mike" Pence)

で、副大統領になる人物の名前なのですよね

 ちなみに、日本のメディアを見ていると、

「驚くべき番狂わせ」

という表現で今回の選挙を振り返っていますが、ネットをチェックしてみると、実際にはかなり前の段階から

「トランプ有利」

という記事が結構目立っていたようにも思えます。

それは、ヒラリークリントンのFBIメール問題の詳細であったり、ベンガジ事件の真相であったり、ヒラリーの健康問題、ISとの関わりやクリントン財団にまつわるきな臭い噂などなど、、、メディアでは殆ど触れられない問題が、ネットには細かく書かれてあり、それらを読んでいるアメリカ国民が、クリントンを支持しなかったということも一つの原因ではあったのではないでしょうか。

 最新英語スラングやツイッター&フェイスブックで使われる英語、映画・ドラマで使われる英語が満載!Whatever!やLikeやYou knowやJust sayin'そしてObviまで全部載っている!!ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520をアマゾンでチェックする!  

なにはともあれ、誕生してしまったドナルド・トランプ大統領。これからどういう方向に向かうのか、そして私がまたアメリカに訪問した際、私の大好きなアメリカはどのように変わっているのだろうか。。。楽しみであり、不安でもあります・・・!
続きを読む

↑このページのトップヘ