スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

カテゴリ: 今日の英語ネタ・スラング

NGL(ngl)・・・Not Gonna Lieの略語
→インスタグラムやツイッターで頻出の短縮語です。意味は
「正直いって」「ぶっちゃけ」です。ただし、
「悪気はないのだけど・・・(=No offence)」や「ちょっと言ってみただけ(=Just saying.)」というニュアンスを含む場合もあります。よって、相手にとって少しビックリする発言だったり、意外なことを言う前(後)に使う場合も多いです。
ngl
・ngl ur like hella funny — 🤣🤣 「いや君ってホント面白いね!」
・it’s lowkey highkey annoying ngl 「それってメチャクソうざいんだけど!」
・ngl but kim kardashian is not good looking at all 「(悪気ないけど)正直キム・カーダシアンって全然美人じゃないぜ」

【straight fire】・・・「最高にクールな」「激アツの」「熱盛!」

・Damnnn straight fire!「超推せるぜ!」
・Your videos are straight fire 🔥! Keep it up!「あなたのビデオ最高よ!その調子で頑張って!」
・Eminem is straight fire 💯🔥「エミネム激アツ!」

atumori


 直訳すると「まっすぐな火(炎)」。 人物やチーム、音楽、コスメ、、、などなど、自分が推すものについて、
「最高にクールなの!」
「超イケてる!」
と言いたいときに使える若者フレーズです。通常

○○is straight fire.「○○って超クール」

のように使われますが、

straight fire!「熱盛!」

Loving the new enemies song majesty straight fire !!!
「エミネム(Nicki Minaj)の新曲"majesty"超ヤバいぜ」

のようにも使われます。

Finsta・・・Fake & Insta(gram)の略語
→インスタグラムのフェイクアカウント(サブ垢)をFinsta(フィンスタ)と呼びます。会社の上司や、仕事仲間などにインスタのアカウントを教えるときは、通常Rinsta(リンスタ=Regular Instagram)を教えるのに対し、このFinstaは、ごく親しい友だちなどにだけ教える、いわゆる裏垢やカギ垢である場合が多いです。プライベートな写真や、シークレット写真を載せるときに使う事ができるわけですね!
finsta

・I think just the teenagers do the finsta.
「ティーンエイジャーしかフィンスタやってないと思うな」
・My mom follows my finsta 💀
「ママが私のフィンスタフォローした」
・send me your finsta handles u guys
「みんな、フィンスタのハンドルネーム送って!」
・hi I made a finsta follow me if you want to laugh at me
「やぁ、フィンスタ作ったんで、俺のこと笑いたかったらフォローしてくれよ」

LMK (lmk)・・・Let Me Know の略語
→「(私に)教えて」「知らせて」という時に使う"Let me know!"の略語です。

・Someone lmk why I do this to myself😤
「なんで私がこんなことしなくちゃいけないのか、誰か教えてよ」
LMK_800
・Lmk when you find one 🙃
「見つけたら教えて!」

・lmk when ☺️
「いつなのか教えて!」

今日5月4日はStar Wars Day(スターウォーズの日)です。これは、スターウォーズに出てくる名言の"May the Force be with you."と5月4日を意味するMay the Fourth(4th)の語呂が似ていることに由来します!今回はスターウォーズデーを記念して、スラング英語.com的STAR WARS名言を5つご紹介しましょう!

1.「失敗こそ最高の師なのだ」
The greatest teacher, failure is.

greatestteacher

続きを読む

今日アヴィーチー(本名:ティム・バークリング。スウェーデン出身の音楽プロデューサー&DJ)が28歳で亡くなったというニュースに度肝を抜かれました。死因は現段階では公表されていませんが、オマーンの首都マスカットで死亡が確認されたということです。お酒の飲み過ぎによる膵炎が原因だとか、自殺ではないだろうかと様々な憶測が流れています・・・。ちなみに、亡くなったことに関する詳細は今後公表しないと事務所側も言っているようなので、死因や死亡理由は永遠に分からないかもしれませんね。(※後日アヴィーチーのご家族より「自殺でした」という説明がなされました・・・)

EDM好きな私にとって、Aviciiの曲は元気ややる気を起こしてくれるカンフル剤だったのです。数年前活動を休止しましたし、来日詐欺3回(笑)ということをやらかしましたが、まだまだ私のiPhoneのapple musicヘビーローテーションの一角を守っています・・・。R.I.P Avicii...

さて、そんな愛すべきアヴィーチーの名言を彼の楽曲からピックアップしてみましょう!

1. One day you'll leave this world behind, so live a life you will remember.
「いつかこの世を去る時が来る。だから、生きて良かったと思えるような人生を送ること。」

b292b763f323b9b871d4b937b5ff5852

tumblr_ovgnm3wJiK1wqcdeno1_500
「生きてよかったと思える(記憶に残る)人生を送りなさい。」
続きを読む

 二刀流として鮮烈なデビューを果たした大リーグロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。日ハム時代、大谷選手が打席に立つ際流れた曲は

Olly MursのWrapped Up
(オリー・マーズのラップト・アップ)
でした。



今回エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで、大谷選手が打席に立った時の登場曲も、日ハム時代のものと同じOlly MursのWrapped Upでした!

wrapped upの意味は・・・

wrapは「何かを包み込む」という意味なので、
「包み込む=抱きしめる」という意味になります。また be wrapped up -ingで「~に夢中である」という意味もあります。

saran
ちなみにSaran Wrap(サラン・ラップ)という商品、名前の由来は、商品の開発のきっかけとなったラドウィック、アイアンズ氏の2人の妻「サラ(Sarah)」と「アン(Ann)」の2人の名前をとって「サラアンラップ」=「サランラップ」と名付けられたのです!

ちなみに、日本ハムファイターズ時代、投手として登板する際の登場曲は
続きを読む

サイレント・トリートメント(Silent Treatment)
→直訳すると「沈黙の(静かな)対応」。メジャーでは、初ホームランを打つと、打った選手を祝福せずに、わざとよそよそしい態度(ガン無視)をとり、その直後に手荒にお祝いをするという風習があります。メジャーではこの風習をサイレント・トリートメントと呼んでいます。今回ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(Ohtani Shohei)選手も、ご多分に漏れずこのサイレント・トリートメントをチームメートにされたというわけです!大谷翔平選手自身も、
「最初、何があったのかなと。そういうやつなのかと思いました」
ということで、サイレント・トリートメントのことは知らなかったor知っていてもまさか自分にやられるとは思わずあっけにとられていたのでしょうね!

★ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手が受けたサイレント・トリートメント(Silent Treatment)動画


YouTubeのコメントをチェックしてみましょう!

・his reaction is so cute !!!
→彼のリアクション、超キュートだわ!(「みんなどうしたの?」とおどけているシーン)
・Damn he is amazing speechless
→マジか。すげぇ。言葉でないぜ!
・I can't beleive it🤦‍♂️ He seems to be an Anime Chalacter🤷‍♂️
→信じられん!アニメのキャラみたい。
・Treasure of Angels and Japan.Go! Angels!!!
→エンゼルスと日本の宝だ!ゴー・エンゼルス!!!

★ロサンゼルス・ドジャース所属の前田健太投手も、初ホームランを打った際に、サイレント・トリートメントをやられました!ただ、今回の大谷翔平選手のものと比べると、あまり迫力がありませんね^^;;チームメートが演技下手というか、すぐ種明かしをしてしまったというか・・・!

エイプリルフール:英語ではApril fool(4月バカ); April Fool's Day; April Fools' Day (4月バカの日)
aprilfool

4月1日はエイプリルフール(April Fool's Day)です。この日は、なぜか平気でウソをつくことが許されていますよね。さて、皆さんはどうして毎年4月1日がエイプリル・フール(April Fool's Day)と呼ばれ、ウソをつく風習が一般化されたのだと思いますか?今回は、エイプリルフールの意味や由来、そして起源をご紹介しましょう!

【エイプリルフールの由来・起源】超有名どころ3説

<説1>
時は16世紀。フランスでは年の始まりが4月1日で、その日には多くの国民がパーティーやダンスをして新年のお祝いをしていました。ところが1562年、ローマ法王グレゴリー13世がグレゴリー暦を採用すると、新年が1月1日に変わってしまいます。しかし、フランス全国民にこのニュースが伝わらず、暦が変更された後も、4月1日を新年と信じる人たちが相変わらず新年のお祝いをしていました。そして、そんな人々のことを「エイプリル・フールズ(4月バカ)」と呼んだわけです。

<説2>
4月1日は、フランスでは'Poisson d’Avril'(ポワソン・ダブリル:4月の魚)と呼ばれています。これは、4月にフランスで魚がとれることが滅多にないため、「あり得ないもの」という意味合いがあると言われています。(逆に魚が「馬鹿になるほどとれるから」という説もあり)4月1日になると、フランスの子供たちは、紙で作った魚を友達の背中に貼り付けてからかいあいます。紙でできた魚が背中についている子どもを見ると「Poisson d’Avril」と大声で叫んで馬鹿にするのです!

aprilfool1

<説3>Wiki Pediaより
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。

[4/1にまつわるフランスのEPSONコマーシャル]

poison

とあるサラリーマンが、歩行中生臭いにおいを感じ自分の身の周りを確かめてみる。ところが何もなく、また歩き始める。そのサラリーマンの背中には、本物と見間違えてしまう程よく写った(コピーされた)魚が貼ってあった、、、というコマーシャル。



【嘘をつけるのは午前中まで?エイプリル・フールのルール】

★ウソをつけるのは午前中まで。
→このルールは、イギリスで5月29日に祝われる王政復古記念日、Oak apple day(オークアップルデー)に由来すると言われています。当日はOak(樫)の実や葉っぱを上着のボタンなどに刺して、国王に忠誠を誓うという習慣があります。 オークアップルを身に付けていないと、国王に対する忠誠心がないと責められますが、それは午前中までで、午後には外すことが許されるというルールが、エイプリル・フールに使われたということです。

★ウソをつかれた相手は、笑って許してあげる。

★相手が傷ついたり、相手に損害を与えるウソはついてはいけない。

【ワイシャツを英語で言うと?】: white shirt(白いシャツ) / dress shirt(白・色つき含めたシャツ)

shirts


【ワイシャツの語源・名前の由来】

 いくつか諸説がありますが、明治時代に西欧人が「White shirt(ホワイトシャツ)」と言っているのをワイシャツ(Y shirt)と言っているのと聞き間違えたとか、「White shirt」という発音がしづらくてワイシャツと呼んだとも言われています。

共通して言えるのは、ワイシャツはYのYではなく、Whiteのワイということです。ですから、色つきのシャツは、ワイシャツとは言えず、正しくはドレスシャツなのです!

また、1着のワイシャツなら、white shirtとなります。日本人は1着でも「ワイシャツ」といいますが、本来はshirtsは複数枚ある場合に用いなければいけないのです!ちなみにこのことは、Tシャツにも同じ事が言えます。Tシャツは英語では T-shirt または Tee-shirtといいます。

【カッターシャツの語源・名前の由来】

 カッターシャツは、ミズノの商標です。由来はミズノの創業者水野利八氏が、「勝った」ともじって名前にしたとか。
mizuno

↑このページのトップヘ