スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

カテゴリ:英語学習 > 海外行事・文化(5月~8月)

 5月の第2日曜日は母の日です。この日は、日頃の母親の苦労をいたわり、感謝する日ですよね。実はこの母の日、元々アメリカ人のアンナ・ジャービスという女性が、亡き母をしのんで霊前に白いカーネーションを手向けたことに由来します。アメリカでは、1908年から始まりましたが、日本では、1949年から行われています。もっとも、日本の”母の日”は、1937年(昭和12年)に森永製菓が「森永母を讃える会」を作り、活動したことによって広まったといわれています。

【森永製菓のホームページから抜粋】
 母の日がまだ一般に知られていなかった1937(昭和12)年、心温まるこの行事を広めようと、森永は「森永母を讃える会」をつくり、関係諸団体と協力して全国的に大規模な普及活動を展開しました。そして今、日本中がお母さんに「ありがとう」を伝える日となったのです。この理念は現在もエンゼル財団に引き継がれ、「つねに家族を考える森永」の活動を支えています。


【母の日はいつ?】

 毎年5月の第2日曜日。これは、当時のアメリカ大統領ウィルソンが、1914年に5月の第2日曜日を「母の日」とすることを制定したことによるものです。ちなみに、5月の第2日曜日とは、アンナ・ジャービスのお母さんが亡くなった5月9日に由来します。


【母の日で英語を勉強しちゃおう!】

Youtubeで母の日に関するリスニングテストや文化勉強ができちゃいます!


【母の日にカードつかえる英語フレーズ】

★HAPPY MOTHER’S DAY
→母の日おめでとう!
★HAPPY MOTHER’S DAY! Blessings on your Special Day!
→ハッピーマザーズデイ!特別なこの日に祝福がありますように!
★Thanks for supporting me all these years Mom
→ママ、今までずっと私を支えてくれてありがとう
★A Big Hug on Mother’s Day!
→母の日に大きなハグを・・・!
★Mom, you are my hero (angel)!
→お母さん、あなたは私のヒーロー(エンジェル)よ!
★To the most precious woman in the world
→世界で一番大切な女性に・・・
★I luv you mom.
→ママ、大好きよ!

続きを読む

 1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)さんが、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。ウィキペディアでチェック


【英語で父の日の由来】

 The idea for creating a day for children to honor their fathers began in Spokane, Washington. A woman by the name of Sonora Smart Dodd thought of the idea for Father’s Day while listening to a Mother’s Day sermon in 1909.
Having been raised by her father, Henry Jackson Smart, after her mother died, Sonora wanted her father to know how special he was to her. It was her father that made all the parental sacrifices and was, in the eyes of his daughter, a courageous, selfless, and loving man. Sonora’s father was born in June, so she chose to hold the first Father’s Day celebration in Spokane, Washington on the 19th of June, 1910.

In 1926, a National Father’s Day Committee was formed in New York City. Father’s Day was recognized by a Joint Resolution of Congress in 1956. In 1972, President Richard Nixon established a permanent national observance of Father’s Day to be held on the third Sunday of June. So Father’s Day was born in memory and gratitude by a daughter who thought that her father and all good fathers should be honored with a special day just like we honor our mothers on Mother’s Day.


【Father’s Dayリンク集】

 123greetings Father’s Day Card(英)
 アマゾンの父の日ギフトコーナー (日)
 history.comのFather’s Day特集(英)


【父の日Quotes】

That is the thankless position of the father in the family-the provider for all. and the enemy of all.
— J. August Strindberg, Swedish writer

It doesn’t matter who my father was; it matters who I remember he was.
— Anne Sexton, U.S. poet.

One father is more than a hundred schoolmasters.
— English proverb (17th century)

I cannot think of any need in childhood as strong as the need for a father’s protection.
— Sigmoid Freud

If the new American father feels bewildered and even defeated, let him take comfort from the fact that whatever he does in any fathering situation has a fifty percent chance of being right.
— Bill Cobs


【Fatherジョーク】

【1】大人の事情・・・

“Mom, why can’t I go swimming?”
“The water is too deep.”
“But Daddy is swimming!!”
“He’s insured.”


ママ、どうして僕ちゃん泳いじゃいけないの?
この海はとっても深いのよ。
だけどパパは泳いでいるよ?
パパはね、保険に入っているのよ。

【2】 息子よ、それを言っちゃあおしまいよ!

The father said to his child, “You know, son, at your age, George Washington wasn’t listening to music and playing. He was already a bold courier for the army.”And the boy said, ” I know, Dad. And at your age, he was President of the United States, wasn’t he?”


父親が息子に言った。
「おい息子よ。ジョージワシントンがお前と同じ年だったときは、音楽を聴いたり、遊びまわったりはしなかったぞ。勇敢に、軍隊の為に使い走りしていたんだ。」 すると、息子は言った。
「うん、しってるよ。それから、彼がパパと同じ年だったときには、彼はアメリカの大統領だったんだよね?」

 7月4日はアメリカ独立記念日(INDEPENDENCE DAY/4th of July)です。この日は、1776年の7月4日にトマス・ジェファーソンによって独立宣言が交付され、各植民地がイギリスからの独立が宣言されたことを祝う日です。(※実際に独立したのは、7年後のパリ条約において)この日は、家族で過ごすというよりは、友達同士でバーベキューやピクニック、そしてパレードを見に行き、夜は打ち上げ花火をしたり見たりするというパターンが多いようですね!


【アメリカ独立宣言 アメリカどくりつせんげんとは (Declaration of Independence)】

1776年7月4日の大陸会議で、イギリス領北アメリカ13植民地が独立を宣言した文書。宣言は諸植民地の権利に対するイギリス国王ジョージ3世の不当な侵害を列挙し、そのためにイギリスから独立し自由な国家になったことをのべている。宣言の政治哲学は、合衆国憲法の人権条項(修正第1~第10条項)やひろくフランス革命での権利宣言、19世紀のヨーロッパやラテン・アメリカの自由闘争あるいは日本での明治時代の自由主義・思想などに影響をあたえた。1776年6月7日、バージニア代表のリチャード・リーは大陸会議に独立の決議を提案した。具体的な決定は7月1日までのばされたが、翌2日に採択された。この間に決議につける宣言文起草委員会がつくられ、原案をトマス・ジェファソンが起草し、ジョン・アダムズとベンジャミン・フランクリンが修正をくわえて、大陸会議に提出した。7月4日追加修正がほどこされ、奴隷制を非難した箇所などいくつかの部分を削除、リーの動議と統合して、「1776年7月4日、連合会議における13のアメリカ連合諸邦による全会一致の宣言」(独立宣言と通称)として発せられた。ニューヨークをのぞく12植民地代表の賛成で採択され、7月19日にはニューヨーク植民地議会も支持して全植民地の一致がえられた。文書は羊皮紙に清書され、代表56名が署名、欠席の3代表はのちに署名した。大陸会議は、宣言文を「各代議会、革命議会、保安委員会または評議会、大陸軍の指揮官に送付し、13の合衆国構成共和国および軍隊の駐留先においてよみあげる」ように命じた。


【英語学ぶ独立記念日】

 Independence Day is the national holiday of the United States of America commemorating the signing of the Declaration of Independence by the Continental Congress on July 4, 1776, in Philadelphia, Pennsylvania. At the time of the signing the US consisted of 13 colonies under the rule of England’s King George III. There was growing unrest in the colonies concerning the taxes that had to be paid to England. This was commonly referred to as “Taxation without Representation” as the colonists did not have any representation in the English Parliament and had no say in what went on. As the unrest grew in the colonies, King George sent extra troops to help control any rebellion. In 1774 the 13 colonies sent delegates to Philadelphia Pennsylvania to form the First Continental Congress. The delegates were unhappy with England, but were not yet ready to declare war.

In April 1775 as the King’s troops advanced on Concord Massachusetts Paul Revere would sound the alarm that “The British are coming, the British are coming” as he rode his horse through the late night streets. The battle of Concord and it’s “shot heard round the world” would mark the unofficial beginning of the colonies war for Independence.

The following May the colonies again sent delegates to the Second Continental Congress. For almost a year the congress tried to work out it’s differences with England, again without formally declaring war.

By June 1776 their efforts had become hopeless and a committee was formed to compose a formal declaration of independence. Headed by Thomas Jefferson, the committee included John Adams, Benjamin Franklin, Philip Livingston and Roger Sherman. Thomas Jefferson was chosen to write the first draft which was presented to the congress on June 28. After various changes a vote was taken late in the afternoon of July 4th. Of the 13 colonies, 9 voted in favor of the Declaration, 2 – Pennsylvania and South Carolina voted No, Delaware undecided and New York abstained.

To make it official John Hancock, President of the Continental Congress, signed the Declaration of Independence. It is said that John Hancock’s signed his name “with a great flourish” so “King George can read that without spectacles!.”

The following day copies of the Declaration were distributed. The first newspaper to print the Declaration was the Pennsylvania Evening Post on July 6, 1776. On July 8th the Declaration had it’s first public reading in Philadelphia’s Independence Square. Twice that day the Declaration was read to cheering crowds and pealing church bells. Even the bell in Independence Hall was rung. The “Province Bell” would later be renamed “Liberty Bell” after it’s inscription –

Proclaim Liberty Throughout All the Land Unto All the Inhabitants Thereof

And although the signing of the Declaration was not completed until August, the 4th of July has been accepted as the official anniversary of United States independence. The first Independence Day celebration took place the following year – July 4 1777. By the early 1800s the traditions of parades, picnics, and fireworks were established as the way to celebrate America’s birthday. And although fireworks have been banned in most places because of their danger, most towns and cities usually have big firework displays for all to see and enjoy


【4th of Julyのリンク集】 

 アメリカ国旗の変遷  (英)
→アメリカ国旗の変遷が学べるサイトです!
 Independence Day クリップアート (英)
→使えるクリップアートや素材がたっぷりつまっています!
 123greetingsのインディペンデンス・デー・カード(英)


【Takがアメリカ合衆国に興味をもった理由・・・】

 Takがアメリカに興味をもちはじめたのは、実は小学校の時『アメリカ横断ウルトラクイズ』を見てからなのです!この番組は、幼心に「アメリカってこんなに広いんだ!」「ウルトラクイズに出るためにアメリカについて学ぶぞ!」「大学に行ったら、まずはウルトラクイズに出るぞ!」「じゃんけんゲームに強くなるぞ」「ソルトレイク・シティ行ってみたい!」「アムトラック乗ってみたい!」「アメリカの州名暗記しよう!」などなど色々なことを頭に描かせてくれた番組です。そして、その結果がこのホームページとアメリカ好き、そして英語の先生になったという訳です・・・^^;;
ウルトラクイズの中で、特に印象に残っているのが、1989年の第13回ウルトラクイズ、つまり立命館大学クイズ研究会OBの長戸勇人さんが優勝した年の番組です!これは録画ビデオを数百回見た記憶があります!Mr.マリックのハンド・パワーが入ったT-shirtを敢えて着ずに決勝戦に臨んで破れた永田、名古屋大学卒の塾講師秋吉、東大卒富士通で働く何某 etc…。あの興奮から、何年も月日が経つのに、心の奥底に未だあの白熱したバトルが残っています。「みんな、ニューヨークに行きたいかぁ?」というトメさんの叫び声と共に・・・。(って、ウルトラクイズを知らない方には何を言っているのかさっぱり分からないかもしれませんが・・・^^;;)

第13回アメリカ横断ウルトラクイズ 決勝(ニューヨーク)

ウルトラクイズのBGM集

↑このページのトップヘ