スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

カテゴリ:英語学習 > 海外行事・文化(1月~4月)

 4月1日になると、平気でウソをつくことが許されていますよね。(許されてはいないか・・・)さて、皆さんはどうして4/1はエイプリル・フールと呼ばれ、平気でウソをつく風習が一般化されたのだと思いますか?実はこれには様々な説があるのです。そこで、今回はもっともよく言われているものを紹介することにしましょう!


諸説1

時は16世紀、フランスでは4月1日が年の始まりで、多くの国民がパーティーやダンスをしながら新年のお祝いをしていました。ところが、ローマ法王グレゴリーが1562年グレゴリー暦を採用すると、新年が1月1日に変わってしまいます。しかし、フランス国民すべてがこのニュースを聞いたわけでなく、暦が変更された後も、4月1日を新年と信じる人たちは相変わらず新年のお祝いをしていたのです。そして、そんな人たちのことを「エイプリル・フールズ」と呼んでからかったというわけ。

諸説2

今日フランスでは、4月1日は”Poisson d’Avril”(ポワソン・ダブリル:4月の魚)と呼ばれています。これは、フランスでは4月に魚がとれることが滅多にないため、「あり得ないもの」という意味合いがあるのですが、別の説ではpoissonはもともと”passion”(受難)つまりキリストの受難を意味し、キリストが保守派の司祭長に愚弄された歴史を忘れないために、馬鹿なことをする日と定めたとも言われているのです。4月1になると、フランスの子供たちは、紙で作った魚を友達の背中に貼り付けてからかいあうのです。魚が背中にくっついたヤツを見ると、「Poisson d’Avril」と大声で叫んで馬鹿にするわけだ!!

 In sixteenth-century France, the start of the new year was observed on April first. It was celebrated in much the same way as it is today with parties and dancing into the late hours of the night. Then in 1562, Pope Gregory introduced a new calendar for the Christian world, and the new year fell on January first. There were some people, however, who hadn’t heard or didn’t believe the change in the date, so they continued to celebrate New Year’s Day on April first. Others played tricks on them and called them “April fools.” They sent them on a “fool’s errand” or tried to make them believe that something false was true. In France today, April first is called “Poisson d’Avril.” French children fool their friends by taping a paper fish to their friends’ backs. When the “young fool” discovers this trick, the prankster yells “Poisson d’Avril!” (April Fish!)

 YoutubeでフランスエプソンのCMを見てみましょう!サラリーマンが、魚臭いと思って自分の周りをチェックすると、背中に本物とも見られる魚のコピーが貼ってあったというものです^^エイプリルフールの洒落の効いたCMですね!


 欧米では「絶対にアリエナイ!」と言いたいとき、

“When pigs fly!”

という表現を使います。「ブタが飛んでいるなんて、絶対にアリエナイですよね!

April Fools' Day[辞書でチェック]
When pigs fly is an informal way to joke that you will never do something. Example: “Do you think you will ever work at that company again?” Reply: “When pigs fly!”

Pigs are heavy animals that stay close to the ground and do not fly, so when pigs fly is a time that will never come. Example: “Do you think your brother will be successful?” Reply: “When pigs fly he will.”

When pigs fly is a time that will never come because pigs will never fly. Example: “Will you ever take her on a date?” Reply: “Sure: When pigs fly!”


【April fools’ Dayリンク集】

 暮らしのミニ知識・エイプリルフール (日)
 Top100 April fool’s day hoax (英)
→April foolで実際になされた”悪さ”や”いたずら”を100発紹介!
  American greetingsのAoril Fool card (英)
→April Fools’ Dayグリーティング・カードを送ろう!!

 イースター(復活祭)とは、キリストの復活を祝うお祝いです。それと同時に、復活祭は春の自然の蘇りを祝う日なのです。シンボルは多産で有名な『ウサギ』と生命の始まりを意味する『卵』です。

“Easter”の語源はアングロ・サクソンの女神に由来するとのこと。この祭りは春分の日に行われていたそうです。おまけに”Easter”は東や日の出との意味もありますよね!

復活祭には、家族が集いご馳走を食べます。子供にとって最も楽しみなのは、卵狩(エッグ・ハント)と卵ころがし(エッグロール)です。子どもたちは、競ってあちこちに隠された美しく染められたゆで卵を探したり、卵の殻を割らずに坂の上からころがしたりして遊びます。


【Easterっていつなの?】

 2018年から2027年までのEasterの日付が載っているリンクをチェック!

 イースターの日付は、春分の日(3/21)以降、最初に満月となる次の日曜日と決まっています!詳しい理由や情報は世界の民謡・童謡のサイトをご覧ください。


【豆知識:縁起のいい動物”ウサギ”】

 みなさんは、ウサギが非常に縁起のいい動物であるということをご存じですか?欧米では、ウサギの足をかたどったキーホルダーがお守りとして人気あります!その理由をご説明しましょう。

B.C. 600年以前の西ヨーロッパでは、精霊が動物の体の中に宿ると信じられ、人間自身もある種の聖なる動物の子孫だと考えられていました。

ウサギは
◎地下に穴を掘って暮らしている=動物の体に宿ると言われている地下の霊と交流している
◎ウサギは非常に多産である=霊がウサギを健康と繁栄と豊穣のシンボルにさせている

という理由で、”ウサギ=縁起物”と位置づけてしまったのです!その中でも、ウサギの足は小さくて簡単にしなびることから、この部分を人々がお守りとして持ち歩くようになったのです!(欧米に友達がいる人は、是非”Rabbit’s foot key-chain”「ラビット・フット・キーチェーン」について尋ねてみましょう。)


【アレックス君のイースター】

 Takが以前ホームステイでお世話になったご家庭の一人息子アレックス君のイースターを密着取材しました!

イースターアレックス

いろいろな色で卵に色づけするんだよ

今度は赤色の卵をつくってみよう!

お父さんやお母さんが埋めた卵を探しているんだよ

水色の卵を発見!

こんなにたくさんの卵をゲットしたよ!

 ちなみに、アレックス君の家は毎年イースターになると、エッグハンティングをしていました!イースターに限らず、アレックス家はいつもこういったイベントを欠かさず、それもかなり凝ってやっていました!これが典型的なアメリカの家庭なのかもしれないですね。日本のサラリーマンは、深夜まで残業をしたり、会社が終わったあと、同僚と飲みに行ったりする人も多いけれど、アメリカのサラリーマンは、就業時間が終わるとすぐに家に帰って家族と時をともにするとよく言われますよね!家族を大切にする精神、日本人も見習わなくちゃいけないですね!(その割にアメリカ人の離婚率が非常に高いという矛盾もありますが・・・)


【Easter リンク】

 Easterbunnys.net (英)
→Easter songの紹介から、世界のイースターの紹介まで、いろいろな情報が満載!
 Easterの洋書やグッズ
→こどもから楽しめるEasterのアイデアやレシピ集がたっぷり!
 history.comのEaster特集サイト (英)
 123greetings Easter (英)
→海外の友達にEasterのグリーティングカードを送ろう!

エイプリルフール:英語ではApril fool(4月バカ); April Fool's Day; April Fools' Day (4月バカの日)
aprilfool

4月1日はエイプリルフール(April Fool's Day)です。この日は、なぜか平気でウソをつくことが許されていますよね。さて、皆さんはどうして毎年4月1日がエイプリル・フール(April Fool's Day)と呼ばれ、ウソをつく風習が一般化されたのだと思いますか?今回は、エイプリルフールの意味や由来、そして起源をご紹介しましょう!

【エイプリルフールの由来・起源】超有名どころ3説

<説1>
時は16世紀。フランスでは年の始まりが4月1日で、その日には多くの国民がパーティーやダンスをして新年のお祝いをしていました。ところが1562年、ローマ法王グレゴリー13世がグレゴリー暦を採用すると、新年が1月1日に変わってしまいます。しかし、フランス全国民にこのニュースが伝わらず、暦が変更された後も、4月1日を新年と信じる人たちが相変わらず新年のお祝いをしていました。そして、そんな人々のことを「エイプリル・フールズ(4月バカ)」と呼んだわけです。

<説2>
4月1日は、フランスでは'Poisson d’Avril'(ポワソン・ダブリル:4月の魚)と呼ばれています。これは、4月にフランスで魚がとれることが滅多にないため、「あり得ないもの」という意味合いがあると言われています。(逆に魚が「馬鹿になるほどとれるから」という説もあり)4月1日になると、フランスの子供たちは、紙で作った魚を友達の背中に貼り付けてからかいあいます。紙でできた魚が背中についている子どもを見ると「Poisson d’Avril」と大声で叫んで馬鹿にするのです!

aprilfool1

<説3>Wiki Pediaより
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。

[4/1にまつわるフランスのEPSONコマーシャル]

poison

とあるサラリーマンが、歩行中生臭いにおいを感じ自分の身の周りを確かめてみる。ところが何もなく、また歩き始める。そのサラリーマンの背中には、本物と見間違えてしまう程よく写った(コピーされた)魚が貼ってあった、、、というコマーシャル。



【嘘をつけるのは午前中まで?エイプリル・フールのルール】

★ウソをつけるのは午前中まで。
→このルールは、イギリスで5月29日に祝われる王政復古記念日、Oak apple day(オークアップルデー)に由来すると言われています。当日はOak(樫)の実や葉っぱを上着のボタンなどに刺して、国王に忠誠を誓うという習慣があります。 オークアップルを身に付けていないと、国王に対する忠誠心がないと責められますが、それは午前中までで、午後には外すことが許されるというルールが、エイプリル・フールに使われたということです。

★ウソをつかれた相手は、笑って許してあげる。

★相手が傷ついたり、相手に損害を与えるウソはついてはいけない。

↑このページのトップヘ