スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

カテゴリ: 高橋先生のスペイン語スラング&日常会話講座

サッカーのスペインリーグ(リーガ・エスパニョーラ)でFCバルセロナが優勝を決めました!

が、そのあとのロッカールームでの選手たちの発言がニュースになっています。
リーグ優勝を祝うバルサ、ロッカールームでレアルを挑発「クソ野郎、王者に挨拶をしろ!」

ここでバルサの選手達が言っている、
マドリー、カブロン、サルーダ・アル・カンペオン!』(マドリーのクソ野郎、王者に挨拶をしろ!
はスペイン語にすると、
¡Madrid cabrón, saluda al campeón! となります。
で、この中でスラングとなるのが、cabrón という言葉。
元々は「雄ヤギ」という意味なのですが、英語のfuxkに近い意味でも使われます。

前回の記事で書いたように、スペイン語には地域差があります。このワードもスペインでは割と普通に使われるようですし、メキシコ映画の中でも聞いたこともありますね。ですが、私がよく知っているドミニカ共和国、プエルトリコあたりでは聞きませんでしたね。

昨日に引き続いて、「ク~ル!」のバリエーションです。

といっても、今日ご紹介するのは地域限定(?)版です。

ドミニカ共和国:Jevi (ヘビー)
プエルトリコ:Hevy (ヘビー)

綴りは違いますが、発音や意味は同じと思ってOKです。「クール」「カワイイ~」etc 色んなシチュエーションで使えます!

スペイン語では地域によってスラングも違ったりということが多々あります。そういう地域差を調べてみるのも面白いですね!

¡Chévele!
「クール!」「カッコイイ!」

日本語でも「カワイイ~!」という言葉は、様々な場面で使えます。それと同じようなスペイン語フレーズのご紹介。

¡Chévele! (チェベレ)

「チェ」の部分にアクセントを置いてください!「クール」「カッコイイ」「スゴイ」「最高」etc、、色々なシチュエーションで使えますね。また、¡Chulo! (チューロ) という言葉も似たような使われ方をしています!

ちなみに両方のフレーズ共に、年配の方の口からはほとんど聞いたことはないですね。chuloは女性の方が使用率高し、という印象です!

Que loco...
「狂ってる。。。」「イカれてる。。。」

たまにテレビでX-SPORTSを見たりしますが、モトクロスに乗って数十メートルもジャンプしたり、
とにかく口をあんぐり、絶句してしまう場面に遭遇します。そんな命知らずの兄ちゃん達を見て、
「狂ってる。。。」「イカれてる。。。」と言いたい時にこう言いましょう!

Que loco... (ケ ロコ)

loco とは、英語の「mad」や「crazy」にあたるワードです。X系スポーツ。私は怖くて絶対ムリです(^^;



El mundo es un pañuelo. (エル ムンド エス ウン パニュエロ)
「世間は狭い」

SNS、特にFACEBOOKを使っている人にはわかってもらえるかもしれませんが、自分の知人同士が意外な所で繋がっていたりしてビックリすることが時にあります。
そんな、「世間は狭い」という時に使うフレーズがこちら。

El mundo es un pañuelo. (エル ムンド エス ウン パニュエロ)

直訳すると「世間はハンカチだ」となります。ハンカチが小さいものの例えになっているのが面白いですね!

前回に引き続き、今回もちょっとお下品なフレーズのご紹介です(^^;

Coño. (コーニョ)
「チクショウ!」「バカヤロー!」「コノヤロー!」

え~、これは女性器をあらわす単語です。

日本じゃ放送禁止用語にもなっていますが、スペイン語圏では日常のちょっとした場面で非常~によく使われています。女性もよく使うんですよね (;^ω^)

やっぱり外国人である我々は使わない方が賢明なフレーズのひとつかと。


こどもの日の今日に恐縮ですが、
子供は(もちろん大人もですが)使わない方がいいフレーズをご紹介。

Mierda.(ミェルダ)
「くそ!」「ちくしょう!」

言葉の意味はそのまま「糞」です(笑)

使われ方は、英語の"Shit!"や"Son of a bitch!"と同じ感じですかね。

ただ、このフレーズ、老若男女が日常的に使っているんですよね~(^▽^;)
子供とかきれいな女性の口からも平気で発せられています(笑)

外国人の私たちは使わない方が賢明ですね。
顔をしかめられるか、逆に笑ってもらえるかのどちらかでしょう。

Cuídate.
「お大事に!」

ゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか?
が、折角の大型連休ですが、体調を崩してしまった友人に向けた今日のフレーズです♪

Cuídate. (クイーダテ) 

これは友人向けです。

Cuídese. (クイーデセ)

とするとよりフォーマルです。

「お大事に」のバリエーションとしては、

Que te mejores. (ケ テ メホーレス) (カジュアル形)

Que se mejore. (ケ セ メホーレ) (フォーマル形)

「早くよくなりますように」というニュアンスになります!

二日酔い
Resaca

いよいよ大型連休が始まりますね!
今回は休みと一緒によく使うフレーズ(?)、「二日酔い」を覚えましょう!

Resaca (レサカ)

これが二日酔いを意味する単語ですが、スペイン語では二日酔いという“状態”を持っていると考え、「持つ」という動詞「TENER」と組み合わせて下記のように使います!

Tengo resaca. (テンゴ レサカ)「(私は)二日酔いです」
¿Tienes resaca? (ティエネス レサカ)「(君は)二日酔い?」

¡Aguas!
「気をつけろ!」

¡Aguas! (アグアス)

直訳すると「水」ですね。しかし、使うシチュエーション次第では「気をつけろ!」となります。ご承知の通り、スペイン語はスペイン本土の他に、中南米の多くの国々でも使用されています。国によって、それぞれの方言や言い回しが存在します。このフレーズも、メキシコあたりでは使われますが、その他の国々では通じない可能性もあります。
その点では、

¡Cuidado! (クイダード)

¡Atención! (アテンシオン)

といったフレーズの方が幅広く通じますよ。

↑このページのトップヘ