【前半2】中院・喜多院・仙波東照宮・日枝神社・成田山川越別院



【C】中院【オススメ度】★★★★
kawagoe43
 中院は天台宗の別格本山で由緒ある寺院です。詩人島崎藤村ゆかりの寺院として知られており、境内には藤村ゆかりの茶室である『不染亭』や、藤村の義母加藤みきの墓があります。
kawagoe44

kawagoe32 
なんと、狭山茶発祥の地がここ中院!
kawagoe42 
 心洗われる中院の庭園。散策中にも二人の方が庭園を手入れされていました。春に訪れると桜が、そして、秋に訪れると紅葉が楽しめる「あまり人には教えたくない」隠れたスポットということです!(もう教えちゃいましたね!)
kawagoe41
 趣ある門。道路を挟んだ反対側は、川越総合高校があり、高校球児達の声がこだましていました!

【D】喜多院・仙波東照宮【オススメ度】★★★★★
kawagoe50
 「喜多院見ずして結構と言うなかれ!」(日光見ずして結構と言うなかれのパクリ)と言われる(誰に?)程に川越の象徴として名高い川越大師喜多院(きたいん)。喜多院は、建立830年でおよそ1200年の歴史があります。天台宗の寺院で、良源(慈恵大師・元三大師とも)を祀り、建物の多くが重要文化財に指定されています。五百羅漢見学との共通チケット400円を払うと、江戸城の別殿から移築された、三代将軍徳川家光が誕生した『客殿』や春日局の『化粧の間』、家光が植えた桜のある枯山水も見ることができます。
kawagoe47
多宝塔
kawagoe19
慈眼大師天海をまつる慈眼堂。

 そして、喜多院といったら、境内にある『日本三大羅漢』の1つ五百羅漢。
kawagoe49

一体一体すべてが違う表情をしているのがとても面白い!怒っている者、寝ている者、頭を抱えている者、笑っている者、、、。その中から、"KING OF RAKAN"を選んでみました。さて、栄えあるキング・オブ・羅漢の栄誉を得たのは・・・
kawagoe48
笑顔がステキ!そして、何より「俺をキングオブ羅漢に選んでくれ!」というオーラを感じた!という理由で、この一体をキングオブ羅漢に選出。機会があれば、ぜひ喜多院で探してみてください!そして、喜多院の御朱印をメッセージカードと共に頂きました。
IMG_2786

IMG_2787
 ちなみに、仙波東照宮は・・・訪れた際、お堂の中でお掃除のおばさん2人がメチャクチャ楽しそうに話していたので、お堂は撮らず・・・。また東照宮の階段を降りた場所にある売店で御朱印を頂こうと思ったところ、売店のお婆ちゃんが、団子の仕込みを集中してやっていて、耳が遠いのも手伝って、10回ほど
「すいません!!」
と言ったのですが、気づいてもらえず、時間も気になり諦めてしまいました!(もう少し粘れって!)
kawagoe52
仙波東照宮に続く道・・・
E【4】日枝神社【オススメ度】★★☆
kawagoe54 
喜多院の信号を渡ってすぐにある日枝神社。なんと東京都千代田区赤坂にある日枝神社の本社が、この川越仙波日枝(ひえ)神社ということです。ちなみに、御朱印は書き置きです。
kawagoe55

IMG_2788

F【5】成田山川越別院【オススメ度】★★★☆
kawagoe56
 別名『川越不動尊』と呼ばれる成田山川越別院。本山は、千葉県成田市の成田山新勝寺です。成田山と言えば、交通安全の神様として有名で、この別院も門構えに「交通安全祈祷所」と書かれてあるように、交通安全祈願のために訪れる人で賑わっていました。
kawagoe57
あちらこちらに不動尊がいます!そして御朱印はこちら
IMG_2789

 喜多院の横には、3時間500円の明星駐車場という大きな駐車場があります。ここを拠点に、川越の町を歩くのも1つの手です。ただ、閉場が16:00(16:30)と早く、また3時間では全てのスポットを周りきることができないので、注意が必要です。ちなみに、川越の中心から少し離れた農産物直売所の川越あぐれっしゅとその横の無料駐車場が、無料駐車場として使えます。かくいう私は、一体何処に車を止めたのか??

川越MINE

です!ここは、朝9:00~夜10:00まで営業しており、1日泊めても1200円とお得です!