以前外国に行って焼肉を食べた際、現地の外国人が焼肉のことを

焼肉=Korean Barbecue(コリアン・バーベキュー)

と言っていたので、Yakinikuで通じると思っていた私は

「・・・」という気持ちになったのですが、調べてみると結局YakinikuでもKorean Barbecueでもどちらでも通じるようですね

ちなみに、英語版のウィキペディアには焼肉についてこのように説明されています。
Yakiniku (焼き肉 or 焼肉), meaning "grilled meat", is a Japanese term which, in its broadest sense, refers to grilled meat dishes.
 さてさて、私の通勤途中にある赤羽駅。この周辺は、隠れた焼肉激戦区となっているようで、

焼肉 赤羽

と検索すると、結構沢山のサイトがヒットします。また、近年赤羽がドラマやマンガに紹介されるにつれ、赤羽が活気のある街に変わってきていることを実感します

 そんな赤羽で、焼肉を食べてきました。色々と調べたところ、赤羽の

旦火(たんか)

がうまいという情報を得て、入場料が800円かかるという不思議なシステムに目をつぶり、お店に行くことに




 赤羽駅から歩いて3分ほどにある場所で、お店はなにやら怪しげな地下に・・・・。一件躊躇したものの、


このクーポンを使ってみたく、おそるおそる入店  

中は・・・

普通の焼肉店でした 



熱々の炭火を7~8個敷き、サービスの上カルビからぺろりといただきました!味は・・・

メチャクチャ旨い!!

もうこれだけで、入場料のモトを取ったようなモノです!

 

この半熟卵がのったそぼろご飯も絶品 

ホルモンやカルビ、タン塩、ハラミ・・・。沢山食べましたが、値段は本当に良心的でした

また機会があったら訪れたいと思います!ちなみに、5月は赤羽でよく行く焼肉店の

光牛(こうぎゅう)

にお邪魔する予定です  

本当は怖いホルモン??

私がよく食べるホルモン・・・。このホルモンの名前の由来には諸説があるようです 

関西弁で「捨てる物」を意味する「ほおるもん(放る物)」を語源とする説が多いが、臓物料理は印象が悪いため英語「hormone」にあやかり、体内に活力を与えるイメージで名付けられたとする説が現在では有力とされている。

英語のhormone説が正しいモノでありますように