face0014_normal皆さんは学校で、comeは「来る」、goは「行く」と学びましたよね。だから、
「いま行くよ!」は英語で"I'm going."としてしまいがちです。

が! 実は答えは

I'm coming!

なのです! 

今回は、comeとgoの違いをまとめてみることにしましょう!

[come]

・自分や第三者が話している相手のところへ行く場合
・話している相手や第三者が自分のところに来る場合

[go]

・自分がいるところから別のところへ行く場合(話している相手の場所以外)
・話している相手や第三者が、今いるところを離れて別のところに行く場合(自分のいる場所以外)

今書いたことを、分かりやすく図で示すとざっとこんな感じになります!
comego
(今から10年以上昔に、私が執筆した本より抜粋!)

Mom: Dinner is ready!
Me: I'm coming!!

Mom:「夕食できたわよ~!」
Me:「今行くよ!」

これをI'm going!としてしまったら、「(どこか別の場所に)外出するよ!」となってしまうわけです!

-------
【人だけでなく物にも使える"coming"】

 サンフランシスコに行った時の事。サンフランシスコ空港からヒルトンホテルまでシャトルバスを利用しました。このバスは、サンフランシスコの主要なホテルを順にまわっていくのですが、ヒルトンホテルが近づくと、運転手が大声で

The Hilton hotel is coming up!!

と叫びました。これは「もうすぐヒルトンホテルだよ!」という意味で、こんな時にもcomeが使えるのだなぁと実感したものでした