スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

アメリカ、イギリス、フランスがシリアに空爆を開始しました。
そんな報道をスペイン語メディアでチェックしていると、下記タイトルの記事を見つけました。

"Tras ataque de EEUU, Presidencia de Siria tuitea: “Las almas de Dios no serán humilladas”
「米国からの攻撃後、シリア大統領が「神の魂は屈しない」とツイート」

ここでは「tuitea」というワードに注目です。

スペイン語圏でも"twitter"は英語と同じくそのまま"twitter"と表記されます。
ただ発音については、自分の周りの人の発話を聞く限り「トゥイッテール」とスペイン語的になっていますね。

ただ、「ツイートする」という動詞については"tuitear"(トゥイテアール)という造語が用いられています。したがって上記に挙げた例文は、主語がシリアのアサド大統領ですから、3人称単数形に変化し"tuitea"となっているわけです。



==============
高橋先生執筆コラム
ベースボールチャンネル
フットボールチャンネル
==============

LAエンゼルスの大谷翔平の勢いが止まりません。4月9日現在で投手として2勝、打者としては3試合連続ホームラン中と全米を驚かせています!そんな海を渡った"二刀流"ですが、現地のスペイン語系メディアは"二刀流"を何と呼んでいるのでしょう?

dos vias(ドス・ビアス)
doble vía(ドブレ・ビア)


現時点ではこの2つを多く目にしています。
dos vias は英語でいう two way
doble vía  は英語で doble way
というところですね。

ただ、このまま大谷の活躍が続けば、"ニトーリュー"という日本語もそのまま海を渡るかもしれませんね!

高橋先生のスペイン語&スペイン語スラング講座はこちら



==============
高橋先生執筆コラム
ベースボールチャンネル
フットボールチャンネル
==============

 二刀流として鮮烈なデビューを果たした大リーグロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。日ハム時代、大谷選手が打席に立つ際流れた曲は

Olly MursのWrapped Up
(オリー・マーズのラップト・アップ)
でした。



今回エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで、大谷選手が打席に立った時の登場曲も、日ハム時代のものと同じOlly MursのWrapped Upでした!

wrapped upの意味は・・・

wrapは「何かを包み込む」という意味なので、
「包み込む=抱きしめる」という意味になります。また be wrapped up -ingで「~に夢中である」という意味もあります。

saran
ちなみにSaran Wrap(サラン・ラップ)という商品、名前の由来は、商品の開発のきっかけとなったラドウィック、アイアンズ氏の2人の妻「サラ(Sarah)」と「アン(Ann)」の2人の名前をとって「サラアンラップ」=「サランラップ」と名付けられたのです!

ちなみに、日本ハムファイターズ時代、投手として登板する際の登場曲は
続きを読む

サイレント・トリートメント(Silent Treatment)
→直訳すると「沈黙の(静かな)対応」。メジャーでは、初ホームランを打つと、打った選手を祝福せずに、わざとよそよそしい態度(ガン無視)をとり、その直後に手荒にお祝いをするという風習があります。メジャーではこの風習をサイレント・トリートメントと呼んでいます。今回ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(Ohtani Shohei)選手も、ご多分に漏れずこのサイレント・トリートメントをチームメートにされたというわけです!大谷翔平選手自身も、
「最初、何があったのかなと。そういうやつなのかと思いました」
ということで、サイレント・トリートメントのことは知らなかったor知っていてもまさか自分にやられるとは思わずあっけにとられていたのでしょうね!

★ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手が受けたサイレント・トリートメント(Silent Treatment)動画


YouTubeのコメントをチェックしてみましょう!

・his reaction is so cute !!!
→彼のリアクション、超キュートだわ!(「みんなどうしたの?」とおどけているシーン)
・Damn he is amazing speechless
→マジか。すげぇ。言葉でないぜ!
・I can't beleive it🤦‍♂️ He seems to be an Anime Chalacter🤷‍♂️
→信じられん!アニメのキャラみたい。
・Treasure of Angels and Japan.Go! Angels!!!
→エンゼルスと日本の宝だ!ゴー・エンゼルス!!!

★ロサンゼルス・ドジャース所属の前田健太投手も、初ホームランを打った際に、サイレント・トリートメントをやられました!ただ、今回の大谷翔平選手のものと比べると、あまり迫力がありませんね^^;;チームメートが演技下手というか、すぐ種明かしをしてしまったというか・・・!

エイプリルフール:英語ではApril fool(4月バカ); April Fool's Day; April Fools' Day (4月バカの日)
aprilfool

4月1日はエイプリルフール(April Fool's Day)です。この日は、なぜか平気でウソをつくことが許されていますよね。さて、皆さんはどうして毎年4月1日がエイプリル・フール(April Fool's Day)と呼ばれ、ウソをつく風習が一般化されたのだと思いますか?今回は、エイプリルフールの意味や由来、そして起源をご紹介しましょう!

【エイプリルフールの由来・起源】超有名どころ3説

<説1>
時は16世紀。フランスでは年の始まりが4月1日で、その日には多くの国民がパーティーやダンスをして新年のお祝いをしていました。ところが1562年、ローマ法王グレゴリー13世がグレゴリー暦を採用すると、新年が1月1日に変わってしまいます。しかし、フランス全国民にこのニュースが伝わらず、暦が変更された後も、4月1日を新年と信じる人たちが相変わらず新年のお祝いをしていました。そして、そんな人々のことを「エイプリル・フールズ(4月バカ)」と呼んだわけです。

<説2>
4月1日は、フランスでは'Poisson d’Avril'(ポワソン・ダブリル:4月の魚)と呼ばれています。これは、4月にフランスで魚がとれることが滅多にないため、「あり得ないもの」という意味合いがあると言われています。(逆に魚が「馬鹿になるほどとれるから」という説もあり)4月1日になると、フランスの子供たちは、紙で作った魚を友達の背中に貼り付けてからかいあいます。紙でできた魚が背中についている子どもを見ると「Poisson d’Avril」と大声で叫んで馬鹿にするのです!

aprilfool1

<説3>Wiki Pediaより
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。

[4/1にまつわるフランスのEPSONコマーシャル]

poison

とあるサラリーマンが、歩行中生臭いにおいを感じ自分の身の周りを確かめてみる。ところが何もなく、また歩き始める。そのサラリーマンの背中には、本物と見間違えてしまう程よく写った(コピーされた)魚が貼ってあった、、、というコマーシャル。



【嘘をつけるのは午前中まで?エイプリル・フールのルール】

★ウソをつけるのは午前中まで。
→このルールは、イギリスで5月29日に祝われる王政復古記念日、Oak apple day(オークアップルデー)に由来すると言われています。当日はOak(樫)の実や葉っぱを上着のボタンなどに刺して、国王に忠誠を誓うという習慣があります。 オークアップルを身に付けていないと、国王に対する忠誠心がないと責められますが、それは午前中までで、午後には外すことが許されるというルールが、エイプリル・フールに使われたということです。

★ウソをつかれた相手は、笑って許してあげる。

★相手が傷ついたり、相手に損害を与えるウソはついてはいけない。

↑このページのトップヘ