スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

フリーハンドの意味や英語で言うと?ハンズフリーの意味は?

フリーハンドとは、定規やコンパスなどを使わず、また下書きなしで手だけで絵や図を描くことを意味します。これは、和製英語ではなく、れっきとした英語です。スペルは

freehand
free-hand
free hand


です。ちなみに、free handには
「他からの制約や束縛を受けない」「自由裁量」
という意味もあり、

have a free hand to choose  ~

「~に対して自由な選択ができる」
という意味になります。

では、ハンズフリーとはどういう意味でしょう?

hand(s)-free

これは、携帯などの機器で、手を使わずに(両手が自由な状態で)操作できることを意味します。

最後に手に関する小ネタを!購買意欲をそそる商品を多数そろえる東急ハンズ。どうしてhands(手)なのでしょう?答えは・・・

tokyu


★hands(手)を通じて新たな生活や文化を創造しよう!
★手のぬくもり、手と手が触れあい、一人一人の生活を豊かに創造するお手伝いをしたい
★手作りをしよう!

などのコンセプトが込められているようです。さらには、手作り感を表すために、TOKYU HANDSの書体や色合いにも工夫がされているというのだから、深いですよね!

高橋先生のスペイン語日常会話&スラング講座

このコーナーは、本サイトの管理者のお一人で、スペイン語マスターの高橋康光先生が、役立つスペイン語の日常会話やスラング、そしてスペイン語圏の旅行記を掲載していきます!

【高橋先生のメキシコ&ドミニカ訪問記】

【第1話】サイバー感あふれるヴァスコンセロス図書館

【スペイン語日常会話&スラング講座】

【第35講】大谷翔平の"二刀流"はスペイン語で何という?
【第34講】SNSで大人気!スペイン語の略語TQMの意味は?
【第33講】スペイン圏で「あの~」とは言ってはいけないの?!
【第32講】「ネイマールやらかす」の巻・・・
【第31講】「バカ!」「アホ!」をスペイン語で言うと?
【第30講】「最悪~」をスペイン語で言うと?
【第29講】「ビッグマウス」をスペイン語で言うと?
【第28講】「オカマ野郎!」をスペイン語で言うと?
【第27講】「リッキーマーティンの"Livin' la vida loca"の意味は?」
【第26講】「お見逃しなく!」をスペイン語で言うと?
【第25講】マドンナの名曲より・・・
【第24講】「Oh my god!!」をスペイン語で言うと?
【第23講】「インチキ野郎!」をスペイン語で言うと?
【第22講】「私たち東洋人の呼ばれ方・・・」スペイン語学習講座
【第21講】「殴り合いになる」スペイン語イディオム
【第20講】「見えるだ!」はクソ? 
【第19講】FCバルセロナ優勝!!クソ野郎!をスペイン語で言うと?
【第18講】「カッコイイ!」「クール!」をスペイン語で言うと?(2)
【第17講】「カッコイイ!」「クール!」をスペイン語で言うと?(1)
【第16講】「狂ってるぜ!」「イカレテル」をスペイン語で言うと?
【第15講】「世間って狭いよね」をスペイン語で言うと?
【第14講】使ってはイケナイスペイン語スラング
【第13講】「クソッ!」「畜生!」をスペイン語で言うと?
【第12講】「お大事に!」をスペイン語で言うと?
【第11講】「二日酔い」をスペイン語で言うと?
【第10講】「気をつけろ!」をスペイン語で言うと?
【第9講】「Never give up!」(絶対にあきらめるな!)をスペイン語で言うと?
【第8講】「R.I.P.」(安らかにお眠りください)をスペイン語で言うと?
【第7講】「いいね!」をスペイン語で言うと?
【第6講】「Good job!」「いいぞ!」をスペイン語で言うと?
【第5講】「またかよ!」「あーまたか!」をスペイン語で言うと?
【第4講】「やったぜ!」「よっしゃー!」をスペイン語で言うと?
【第3講】「信じられない!」をスペイン語で言うと?
【第2講】「心配ないって!」をスペイン語で言うと?
【第1講】「マジで?」「本当に?」をスペイン語で言うと? 

高橋先生のスペイン語会話&スラング講座はこちら

2018年1月~2月にかけてメキシコ&ドミニカ共和国に行ってきました。その時の旅の模様&取材秘話などをしばらく投稿していこうと思います。

メキシコ訪問は2008年以来実に10年ぶり。まずはドミニカ共和国へ行くトランジットでの滞在です。成田からアエロメヒコ航空でメキシコシティへ。現地昼の12時過ぎに着いたのですが、メキシコシティからサントドミンゴへの便が深夜発ということで約半日ほど空いてしまったのです。
続きを読む

こだわる(拘る)・こだわり(拘り)

 本来『こだわり』や『こだわる』という日本語は、「些細なことを必要以上に気にしてしまうこと』とか「つまらないことに心がとらわれて、必要以上に気を遣ってしまうこと」というマイナスイメージの意味で用いられていました。しかし、近年では
「細かい点まで気を遣って価値を追求すること」
というプラスイメージで使われている(誤用されている)場合が多いようです。

さて、このこだわりやこだわるを英語で言うとどうなるでしょうか?

まずは名詞の「こだわり」は次のように表せます。

obsessiveness, persistence, persistency

「~にこだわりがある」:particular about~
→パーティキュラー・アバウトという表現を使います。

★ I’m very particular about the kind of cheese that I eat.
「食べるチーズの種類にすごいこだわりを持っているの」

「~にうるさい」(「~にこだわりがある」)といいたい場合: picky about~/choosy about~
→ややネガティブイメージも含む表現ですね!pickyには「好き嫌いがある」という意味があります!

★ I’m picky about clothes I wear. 🤷🏽‍♂️😋
「俺は着る服にはうるさいんだ」
★ I’m so picky about every little thing 🤦🏽‍♀️
「どんな些細なことにもものすごいこだわりを持ってるの」

【「勝ちにこだわりたい」を英語で言うと?】

★ I am eager to win.
★ I'm desperate to win.
pickyabout
「誰と一緒に時を過ごすかという事にこだわりをもつこと。なぜなら、時間を無駄にすることは、お金を無駄にすることよりずっと悪いことだから。」

 イースター(復活祭)とは、キリストの復活を祝うお祝いです。それと同時に、復活祭は春の自然の蘇りを祝う日なのです。シンボルは多産で有名な『ウサギ』と生命の始まりを意味する『卵』です。

“Easter”の語源はアングロ・サクソンの女神に由来するとのこと。この祭りは春分の日に行われていたそうです。おまけに”Easter”は東や日の出との意味もありますよね!

復活祭には、家族が集いご馳走を食べます。子供にとって最も楽しみなのは、卵狩(エッグ・ハント)と卵ころがし(エッグロール)です。子どもたちは、競ってあちこちに隠された美しく染められたゆで卵を探したり、卵の殻を割らずに坂の上からころがしたりして遊びます。


【Easterっていつなの?】

 2018年から2027年までのEasterの日付が載っているリンクをチェック!

 イースターの日付は、春分の日(3/21)以降、最初に満月となる次の日曜日と決まっています!詳しい理由や情報は世界の民謡・童謡のサイトをご覧ください。


【豆知識:縁起のいい動物”ウサギ”】

 みなさんは、ウサギが非常に縁起のいい動物であるということをご存じですか?欧米では、ウサギの足をかたどったキーホルダーがお守りとして人気あります!その理由をご説明しましょう。

B.C. 600年以前の西ヨーロッパでは、精霊が動物の体の中に宿ると信じられ、人間自身もある種の聖なる動物の子孫だと考えられていました。

ウサギは
◎地下に穴を掘って暮らしている=動物の体に宿ると言われている地下の霊と交流している
◎ウサギは非常に多産である=霊がウサギを健康と繁栄と豊穣のシンボルにさせている

という理由で、”ウサギ=縁起物”と位置づけてしまったのです!その中でも、ウサギの足は小さくて簡単にしなびることから、この部分を人々がお守りとして持ち歩くようになったのです!(欧米に友達がいる人は、是非”Rabbit’s foot key-chain”「ラビット・フット・キーチェーン」について尋ねてみましょう。)


【アレックス君のイースター】

 Takが以前ホームステイでお世話になったご家庭の一人息子アレックス君のイースターを密着取材しました!

イースターアレックス

いろいろな色で卵に色づけするんだよ

今度は赤色の卵をつくってみよう!

お父さんやお母さんが埋めた卵を探しているんだよ

水色の卵を発見!

こんなにたくさんの卵をゲットしたよ!

 ちなみに、アレックス君の家は毎年イースターになると、エッグハンティングをしていました!イースターに限らず、アレックス家はいつもこういったイベントを欠かさず、それもかなり凝ってやっていました!これが典型的なアメリカの家庭なのかもしれないですね。日本のサラリーマンは、深夜まで残業をしたり、会社が終わったあと、同僚と飲みに行ったりする人も多いけれど、アメリカのサラリーマンは、就業時間が終わるとすぐに家に帰って家族と時をともにするとよく言われますよね!家族を大切にする精神、日本人も見習わなくちゃいけないですね!(その割にアメリカ人の離婚率が非常に高いという矛盾もありますが・・・)


【Easter リンク】

 Easterbunnys.net (英)
→Easter songの紹介から、世界のイースターの紹介まで、いろいろな情報が満載!
 Easterの洋書やグッズ
→こどもから楽しめるEasterのアイデアやレシピ集がたっぷり!
 history.comのEaster特集サイト (英)
 123greetings Easter (英)
→海外の友達にEasterのグリーティングカードを送ろう!

↑このページのトップヘ