スラング英語.com

このサイトでは英語スラングエキスパートの原田高志が、英語の最新スラングや英会話&英語学習のお役立ち情報を、誰にでも楽しく・分かりやすくをコンセプトにご紹介していきます!HIPHOPやRAPに出てきたスラング、雑誌に出てきたスラング、ツイッターやフェイスブック/SNSに出てきた英語略語などで分からない単語があれば、slangeigo@gmail.comまでHMU!

【セクシーの意味は?小泉進次郎環境大臣が放った"SEXY"の意味とは??】

ニューヨークを訪れている小泉進次郎環境大臣は、国連で

koizumi「政治においては、沢山の問題があり、時には退屈なものもある。気候変動のような大きな問題は、楽しくクールに、そしてまたセクシーでなければいけない!」

“In politics there are so many issues, sometimes boring. On tackling such a big-scale issue like climate change, it’s got to be fun, it’s got to be cool. It’s got to be sexy too."

と述べ、海外メディアで大きく報じられています。(ロイター通信をチェック)小泉進次郎氏においては、発言がポエムのようだと揶揄されるなど、何かと話題を振りまいていますが、この発言の真意はいかに・・・。

【SEXY(セクシー)の意味は?】

 私たちは、sexyという単語を、主に女性に向かって「(性的に)魅力がある」という意味で使います。確かに、アメリカでもそれが一般的ですが、sexyには男女関係なく、
「人間的に魅力がある人」「自己表現ができる、自立・成熟した人」
という意味もあります。また、人だけでなく、広く一般的に魅力的なものや事柄にも使われるのです。そうはいっても、今回の
気候変動問題は、どう考えても魅力的(SEXY)なものとは考えられず、(ましてfunやcoolなものでは全くない!)海外メディアの方々も、

「この日本人は何を言っているんだ?」

と首をかしげたことでしょう!

※ちなみに、このsexyという表現は、アメリカの政治の世界では時々使われる言い方だということですが、、、。funとcoolはどう説明するのでしょう・・・。

本サイトスラング英語.comと、6年以上前の2013年9月に出版された公式本 ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520が今にわかに脚光を浴びている?!

2019年の早稲田大学文化構想学部の会話文問題において、解答となる7問中4問が ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520と同じ口語表現なのです!また、スラング英語.comのサイトに登場する口語表現と合わせると、実に7問中6問が的中しているというわけです!

それでは、まずは実際に2019年の早稲田大学文化構想学部の口語表現(会話文問題)をチェックしてみましょう!

wasedabunkakosou
おそらく、多くの皆さんは、「何だこの問題?!」と思うでしょう。でも、この会話問題は、今まさに外国(アメリカ)の若者や一般人が普通に話している会話を切り取った英文なのです。それでは解答から。

(32) g (33) h (34) d (35) j (36) i (37) a (38) b 

この中で、ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520に書かれてあるのは

(32)  What’s up? 「よう!」「調子どうだい?」 (p.12)
(34)  hang out 「~と遊ぶ」「ぶらぶらする」「まったりする」 (p.82)
(35)  you know,, 「えっと」「あのー」(文末で)「だよね」 (p.32)
(37)  Beats me! 「(さっぱり)分かんない!」 (p.66)

です!(ページ番号は、ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520のページを表します)

さらに、36のYou don't say!は、slangeigo.comのYou don't say!に、そして33のYou bet!は同じくslangeigo.comのYou bet!に載っています!

※さらに言うと、(38)の問題は、"Thanks ____"となっており、選択肢のin advanceを選ぶと、"Thanks in advance."「よろしくお願いします」(前もってお礼を言っておきます)という意味になります。このThanks in advance.も、520の本のp22に載っています。もっとも、正解は"Thanks for the tip."ですが!

このことから何が言えるかというと、
『今後多くの大学入試試験に、英語の口語表現(今使われている表現)やスラングが入試に登場する』
ということです。「使える英語」=教科書英語ではなく、今実際にネイティブが使っている英語のことですから、当然といえば当然です!また、将来外国に留学した時などに困らないように、そして誤解を与えないように、これらの口語表現やスラングを覚えておくことは、使う使わないに関わらず、覚えておいて絶対損がないというわけです!

ちなみに、この会話文には、
"I'm super hyped about~."「~で超ハイテンションなんだけど!」
とか、
"You really saved my bacon." 「危うく難を逃れたわ!」
のように、試験に出そうな口語表現がてんこ盛りです!

【対策法】
ネイティブが使っている生の表現をしっかりと押さえる。その際に本ウェブサイトや、ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520が参考になること間違いない!※なお、ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520は現在kindleや電子書籍にて購入ができます。

このサイトでも、これからネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520からピックアップした、入試に必ず出る口語表現や頻出表現を掲載していこうと思います!

【大学入試に出る口語・会話表現】<予想3>
Not really.「それほどでもないよ。」「あんまり。」

A: Did you like the movie you watched last night? 「昨晩見た映画良かった?」
B: Not really. 「それほどでもなかったなぁ」

notreallyNot very muchの意味で、相手の質問に"No!"と答えるよりも柔らかいイメージを残す表現です。ちなみに、"Not really!"と語尾を強調すると、「まさか!」という意味になります。

ちなみに、会話では、次のように使われる場合が圧倒的に多いです!

・I'm not really in the Arashi fandom these days but I wish them all the best for 24-hour TV💛💚💙💜🌈
「最近はあんまり嵐にハマってないけど、彼らには24時間テレビ、頑張ってもらいたいわ!!」

fandom(ファンダム)には、「オタク」とか「熱狂的なファン」という意味があります。似た表現に、fangirl(fangirling)があります!ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520のp.70-p.71に説明があります)


(公式本 ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520該当箇所:p.42-p.43)

【大学入試に出る口語・会話表現】<予想2>
Keep up the great work! 「お仕事頑張ってね!」「その調子でガンバ!」

I'm your big fan! Please keep up the great work.
「あなたの大ファンです。どうかお仕事頑張ってください」

keepup仕事や勉強、スポーツなどで仲間を励ますときに使う表現です。keep up the good work.ともいいます。また、似た表現に"Keep it up!"という表現もあります。

日本人がよく言う「お仕事頑張って!」という表現は、英語にはありませんが"Good luck with your work."や"Enjoy your work!"という表現がぴったり合いそうですね!

★熱狂的なトランプ大統領支持者のツイート・・・
→WE STAND WITH YOU SIR. WE LOVE YOU MR PRESIDENT😀  KEEP UP THE GREAT WORK. GOD BLESS YOU & FAMILY😀😀

「あなたを支持します!大統領、敬愛しております。その調子で頑張ってください。神様のご加護が
ありますように」

(公式本 ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520該当箇所:p.118-119) 

【大学入試に出る口語・会話表現】<予想1>
Speak of the devil! 「うわさをすれば何とやら・・・!」

A: Look! Here comes Kate. 「見て、ケイトが来たよ。」
B: Speak of the devil. 「うわさをすれば何とやらだね。」
sotd
"Speak of the devil, and he will appear." (悪魔の話をすると、悪魔が現れる)という迷信に基づく英語表現です。Talk of the devil.も同じ表現です。日本では、「噂をすれば影(が差す)」という表現でも知られていますね。ちょうど噂をしていた時に、当人が現れた場合などに使える表現です!

・Speak of the devil, he's got cookies in the oven already. 💀😂
「噂をすれば何とやら。。。彼ったら、すでにオーブンのクッキーをゲットしちゃった!」
・Speak of the devil he just liked my tweet lol🤣😆🤣
「噂をすれば何とやら。彼がちょうど私のツイートに"いいね"したわ!笑笑」

(公式本 ネイティブがよく使う順 英会話スピード表現520該当箇所:p.118-119) 

↑このページのトップヘ